カテゴリー: お知らせ

新型コロナウィルス対策による、教室休講のお知らせ

この度、札幌市の要請による市内小中学校の休校に伴い、

学習塾ペガサス、ステップワールド英語スクール

(共に札幌栄町教室)も、

同期間中休講となりますので、ご連絡申し上げます。

 

休講期間:2020年2月28日(金)~3月8日(日)(予定)

教室再構日:札幌市内小中学校の再校日に合わせます。

※上記期間中受講分は、後日振替受講となります。

 

何卒、ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

学習塾ペガサス / ステップワールド英語スクール

札幌栄町教室

 

勝負のかかったシュートを決める

マイケル・ジョーダンを知っていますか? 

 

1990年代に活躍したアメリカのプロバスケットボール選手です。 

 

1990年代って…すでに30年前ですね。となると、 

マイケル・ジョーダンを知らない。 

または、名前しか知らないという人も多そうですね。 

 

マイケル・ジョーダンは、 

その活躍から「バスケの神様」と言われていて、 

ナイキのシューズ「エア・ジョーダン」は 

彼がナイキと契約を結んでできた大人気シリーズです。 

 

アメリカのプロバスケリーグ・NBAで 

何度もチームを優勝に導いてきた選手であり、 

試合最後の、勝負がかかっているシュートを何度も決めてきました。 

これは、野球でいうと逆転満塁ホームランのようなものです。 

そんな風に、勝負強い得点王でもありました。 

 

 

そんなマイケル・ジョーダンは、子供の頃、お兄さんとのバスケの1対1の勝負には全く勝てず、高校に進学した時も、すぐにはバスケチームには入れてもらえませんでした。次の年にチームに入っても身長が足りない、という事で1軍ではなく2軍入りでした。 

 

そういう経歴があるからか、負けず嫌いで、練習の鬼と言われたそうです。 

 

そんな選手だからこそ、その言葉には重みがあります。 

 

 

「目標を達成するには、

全力で取り組む以外に方法はない。

そこに近道はない」 

 

「ステップ・バイ・ステップ。

どんなことでも、何かを達成する場合に

取るべき方法はただ一つ。

一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。

これ以外に方法はない。」 

 

 

 

 

勉強も同じです。近道はありません。 

受験まであと10日ほどですが、それでも一歩ずつ着実に。 

その着実な一歩が、目の前の一問一問が、しっかりと実力となります。 

 

そしてマイケル・ジョーダンのように 

最後のシュートを決めましょう! 

勉強って楽しい!

皆さんは、勉強って楽しい!と思いますか? 

または、そう思う瞬間はありますか? 

 

 

そもそも、 

多くの人が勉強は楽しくないと思っているのはなぜでしょうか? 

そこには、代表的な理由が3つあります。 

 

1.どうして勉強しなければならないのか分からない。 

2.周囲から「勉強しなさい」と強制される。 

3.嫌々やるので結果が出にくい。 

 

 

では、勉強が楽しい!面白い、と思っている人は 

どんな時、どんな事を、楽しいと思うのでしょうか? 

楽しくない3つの理由と逆なのです。 

 

 

1.しっかりとした目的意識があるとき。 

 

例えば、志望校がハッキリしている時。 

この学校に行くためには、成績がこれくらいで… 

だから今回のテストでは何点くらい必要。 

そのためにはこの単元だと、こういう問題が出るだろうから、ここをクリアして…と 

目的から逆算して、今やることが明確な場合は、 

目の前の問題ができるようになることが、楽しいことになります。 

なぜなら、この問題を解くことが、 

目的とつながっていると、明確に見えているからです。 

 

 

2.自主的にやりたいことをやっている。 

 

勉強すること自体、知識を吸収すること自体が楽しい。 

という事もあります。 

小さい子供が、「なんで?」「どうして?」と 

聞いてまわるように、好奇心旺盛な人。 

または探求心に富んでいる研究者のようなタイプ。 

 

こういう時は、教科書の枠を超えて 

自らどんどん調べていきます。 

それは、マンガの続きを読まずにはいられない! 

というような状態です。 

 

 

3.自分からやりたいと思っているとき。 

 

最後は、勉強ができるようになった後の 

イメージが明確なときです。 

 

こういう人になりたい、というイメージが鮮明なとき。 

頭が良くて頼れる、あの先輩のようになりたい。 

聞かれたことは何でも答えられるような人になりたい 

そのような時は、自分からやりたいと思っているので、 

勉強自体や知識が増えることが、楽しくなります。 

 

 

学生時代に勉強が嫌いだった人が、大人になってから 

英語を習いに行ったり、 

資格取得のための勉強を頑張ったり、 

人によっては専門学校に入りなおしたりするのは、 

ハッキリした目的があることが多いです。 

 

海外旅行に行くから、これくらい英語を話せるようになりたい。 

これが楽しいから、もっと追及してみたくなった。 

自分からやる勉強は楽しいものです。 

 

 

 

たとえ、はじめから目的や、なりたいイメージが明確ではなくても、 

やっているうちに、 

今まで分からなかったことが分かるようになった。 

知らなかったことを知って驚いた、感動した。 

などの経験から、勉強が楽しくなることも、よくあります。 

 

 

ペガサス栄町教室では、 

図書館のように静かな環境で、 

しっかりと集中して取り組むことができます。 

 

この集中して取り組む、 

という行為もまた楽しいものです。 

簡単な勉強方法

勉強中 手元、ノート、問題を解く

今の時代は、沢山のことが簡単に便利になってきています。 

 

 

調べようと思ったら、スマホで簡単に調べられる。 

 

図書館に行って調べる、というのは 

「いつの時代の話?」という感覚かもしれません。 

 

 

 

効率の良い勉強方法。簡単に覚えられる。 

そういうお手軽なものが、 

世の中にあふれているように見えるかもしれません。 

 

便利なツールもどんどん出てくるように見えるかもしれません。 

 

勉強中 手元、ノート、問題を解く

 

ですが、そこには必ず避けては通れない道があります。 

 

それは、反復学習です。 

 

脳科学としても、そこは分かっています。 

繰り返さないと覚えられない構造になっているのです。 

 

 

 

どんなに良いツールがあったとしても、 

それは、一度やったら終わり、というものではありません。 

 

間違えたところを何度も解きなおす。 

その過程があってこそ、覚えることができる。 

 

 

実際に手を動かして解くからこそ、 

脳を通して考え、自分の間違いに気づき、 

次は間違えないように解くことができる。 

 

 

 

簡単なもの、効率の良いものを探して追い求めるより、 

今、目の前の問題を集中して解く。 

 

その方が近道であり、 

先人たちが築き上げてきた最も効率の良い方法です。 

 

 

ブレずに、たゆまずに、目の前の事に集中して行く。 

すると、気付いた時には高い場所にいる。 

そんな状態を目指して、繰り返してみてください。 

あと、もう少しだからこそ

2月になりましたね。 

 

受験も、いよいよ近くなってきました。 

 

例年も、この季節はマスク姿の人が多いですが、 

今年はさらに、大変なことになっていますね。 

 

マスクも品薄になってきていますが、体調管理はいかがでしょうか? 

 

マスクをして、加湿して。もちろん手洗いうがい。 

きっと万全の体制をしていると思います。 

 

 

 

受験が近づけば近づくほど、プレッシャー、不安、焦りが出てくるかもしれません。 

 

もうダメだと思ったり、イライラしたりするかもしれません。 

 

 

 

未来が見通せず不安なとき、目の前の壁を感じる時、 

そんな時は、ちょっと振り返ってみてください。 

 

 

 

 

今まで、頑張ってきた自分がいませんか? 

 

「いや、あそこでもう少し頑張れば良かった」と後悔ばかり。 

もしかしたら、そう思う事もあるかもしれません。 

 

いや、誰しもが完璧ではないので、そう思う事も当然あるでしょう。 

 

だけどそれも、あなたの、その時の精一杯だった。 

出来なかったことばかりではなく、 

やったことに目を向けてください。 

 

 

 

あの公式が分かるようになった。 

この辺の単語は、頑張って覚えた。 

この単元は苦手だったけど、出来るようになった。 

 

そういう事、必ずありますよね。 

 

 

 

 

大丈夫です。あなたは充分に頑張ってきています。 

 

伸びているかどうか近い視点では見えなくても 

離れてみると、分かることもあります。 

 

ペガサス栄町教室の先生みんなで、ちゃんと見ています。 

 

 

あと、もう少しです。 

 

プレッシャーも、不安もあって当然です。 

 

だけど、だからこそ。 

あと少し、目の前の問題に集中してみてください。 

 

 

先生も全力で応援しています。 

 

朱に交われば赤くなる

朱に交われば赤くなる 

という、ことわざはご存じですか? 

 

付き合う人によって、また環境によって、 

良くも悪くも影響を受ける。 

という意味です。 

 

どんな人と付き合うか?というのが 

大切だという事が分かります。 

 

 

 

 

 

またこれは、ことわざではありませんが、 

まことしやかに言われているのが、 

お金持ちの人と付き合うとお金持ちになる。 

という話です。 

 

 

 

お金持ちの人と付き合うと、 

その真似をして散在する、という人もいますが、 

これは実は、そういう事ではありません。 

 

普段、お金持ちの人が 

どういう行動や考え方をしているのかが学べる、ということです。 

 

 

 

 

何にお金を使っているか、ではなく、 

お金を稼ぐために、 

どのような仕事っぷりで何をしているのか。 

 

 

そいう事が学べて、それを真似すること。 

そして、その行動につながる 

考え方やメンタルはどういうものなのか?を 

身近にみることによって、 

それが自分に自然に身についていき、 

自分もお金持ちになる、という考え方です。 

 

 

 

では、それを勉強に置き換えると、 

どういう事になるでしょうか? 

 

成績の良い人、急に成績が上がった人、 

そういう人の行動や考え方を観察する、 

身近に感じていると、 

きっと見えてくるものがあると思います。 

 

 

どんな時間に勉強しているのか?  

どんな風に取り組んでいるのか?  

取り組むときには、どんな気持ちなのか?  

 

どんなふうに勉強と向き合っているのか?  

淡々と日常的にこなしているのか?  

がむしゃらに取り組んでいるのか? 

 

ぜひとも、周囲の人を良く見てみてください。 

 

 

 

 

そして、 

ペガサス栄町教室では、 

図書館のように静かで集中できる空間で 

勉強することができます。 

 

ここには、しっかり勉強に前向きに取り組んでいる人が集っています。 

この空間に身を置いてみることによって、 

他の人の勉強の仕方やメンタルも感じることができます。 

すべてがあなたの力になっている

3学期は短い。 

それは、よく言われることですし、 

実感をともなっている事実ですよね。 

 

 

さらに。 

3学期というと普通は3月後半までですが、 

卒業だの、受験だのというと 

もっと短い期間です。 

 

 

受験生の皆さんは、 

ここが今、これまでの人生の中で 

一番真剣に取り組まなければならない時です。 

 

 

 

 

自分が選んだ志望校。 

 

望む方向性。 

 

得たい結果を目指して。 

 

どれだけ努力しても、 

決して満足できないかもしれない。 

そんな時期です。 

 

 

不安になることもあると思います。 

思うように進まない時もあるかもしれません。 

そして、 

プレッシャーに押しつぶされそうな時も。 

 

 

それでも、そんな中で、 

精一杯やったと、 

これが自分のベストだと思えるように 

一刻も無駄にせず取り組むには 

どうすればいいでしょうか? 

 

 

 

 

そんな時は、 

目の前の事だけでなく 

今までの自分が、どれだけ頑張ってきたかを 

思い出してみてください。 

 

 

きっと、 

テスト前に頑張ったこと。 

覚えにくいところを何度も暗記したこと。 

同じ問題を繰り返し解いたこと。 

そんなことが沢山あると思います。 

 

 

それは、全て、あなたの力になっています。 

 

だから、大丈夫です。 

 

 

落ち着いて、 

目の前の事だけに集中して 

取り組んでみてください。 

 

 

 

ペガサス栄町教室のスタッフ全員で 

あなたをしっかりサポートします。 

 

あと少しの期間です。 

 

一緒に全力で、やり抜きましょう。 

3学期が始まりました

3学期が、始まりました。 

冬休み明けの学校はいかがでしたか? 

 

爽やかな朝の空気。 

久しぶりのクラスメイトの顔 先生の顔 

教室の雰囲気。 

 

 

日常が戻ってきた、という感じでしょうか? 

 

 

さて。 

受験までは50日を切りました。 

 

もう本番まで間近です。 

 

 

 

冬休み気分を吹き飛ばし、 

しっかり気合を入れて。 

 

最後の最後まで気を緩めずに 

取り組まなくてはいけません。 

 

 

 

登山でも、頂上前が一番キツイです。 

 

ですが、そこには、 

今まで努力してきた全てのものが。 

 

報われる景色や達成感が待っています。 

 

やればやった分だけ 

高い山に登ることができ、 

格別の景色に出会えます。 

 

 

 

 

そして、他の学年でも 

学年末テストがあります。 

 

今まで努力してきたことの集大成です。 

 

周りが同じように努力しているときは、 

さらに、あと少しだけ。 

あと1ページ。あと1問だけ。 

の、プラスアルファも心がけてみてください。 

 

 

 

 

 

ペガサス栄町教室では、 

図書館のように静かな空間で 

集中できる環境にあります。 

 

 

周囲の、同じように集中している人の姿をみることも 

励みになります。 

 

 

そしてスタッフ全員で 

こちらも全力を尽くしてバックアップしています。 

一緒に頂上からの景色を見るために。 

2020年、どうスタートしますか?

2020年になりましたね!

 

 

 

去年、2019年は

皆さんにとって、どんな年だったでしょうか? 

 

部活や習い事に夢中になったでしょうか? 

友達との関係はどうだったでしょうか? 

学校生活はいかがでしたか? 

 

楽しいことも、 

ちょっと嫌な思いをしたことも 

後悔することもあるかもしれません。 

 

 

よく使われる言葉として 

「頑張った」 

という言葉があります。 

 

便利なので、 

自分に対しても、 

相手に対しても使うことが多いと思います。 

 

「頑張ろう」 

「頑張ってね」 

「頑張ったんだけど」 

 

色々な場面で使われます。 

 

 

 

ですが、 

ちょっと具体性のない言葉でもあります。 

 

うつ病の人に 

「頑張ってね。と言ってはいけない」 

と教えられることがあります。 

 

それから、震災・天災などで 

すでに頑張っている人に 

「頑張ってね」と声をかけることは、 

すでに頑張っている相手を追い詰めることになるから良くない。と。 

 

 

それは「頑張る」の中身が具体性がないからです。 

どこまでやったら頑張ったことになるのか? 

頑張っているんだけど、結果がでない。 

 

そんなことはありませんか? 

 

 

そんな時は、ぜひ 

「全力を尽くしたか?」 

という視点を持ってみてください。 

 

その、結果を得るための行動は、 

果たして全力を尽くした結果なのか? 

 

部活でも習い事でも、 

そして例えば友達や家族との関係も。 

 

それは、その時の最善で全力を尽くした結果なのか? 

 

時間的にも、状況的にも、能力的にも 

何をするときにも、ある程度の制限はあるものです。 

 

どうしても時間がない、などですね。 

 

それでも、その中で全力を尽くしたか? 

 

 

 

もし本当に、心から、 

全力を尽くしたと、言い切ることができるなら。 

 

それが欲しい結果ではなかったとしても。 

少なくとも「後悔」はしないはずです。 

 

 

後悔というのは、 

「あの時、ああしておけばよかった」と顧みることですから。 

 

 

 

2020年。

受験ももう間近です。

 

また、それぞれの学年でも 

短い3学期が、学年末テストが待っています。

 

次のために何を見据えるかで

大きな違いがでます。

 

 

全力を尽くして、しっかり勉強してみてください。 

そして。 

全力を尽くせば、おのずと結果はついてきます。 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます☆

今年もよろしくお願い致します!!

 

皆さん一人一人が、

これから始まる1年に向けての目標を胸に、

新しい年が幕を開けました!!

 

 

受験生の皆さんは、“合格!” という今年1つ目のゴールが早々にやってきます!

 

受験生以外の皆さんも、

“ランクをアップさせる!”

“英語を得意にする!”  ………

ワンランク上の自分を目指しましょう!!

 

目標は、紙に書き出しましょう!

より明確化され、意識が変わってきます!

 

今年も、そんな頑張る皆さんを、

ペガサス栄町教室は全力で応援します☆☆☆