カテゴリー: お知らせ

こだわり~個々のオーダーメイドカリキュラム

湖の中のボート 対岸に富士山

ペガサス栄町教室では、それぞれ一人ひとりに対し成果のでるやり方に導きます。

 

性格・集中力・個性は一人ひとり違います。

 

 

 

もちろん、得意教科・苦手教科も違いますし、 

つまずいているところ、曖昧になっているところも違います。

 

その一人ひとりをしっかり見つめ、個々の特徴をつかむと、どのように導いていけばよいか、向上させるための道筋が見えてきます。

 

もちろん、その道筋はそれぞれで違います。

 

 

学習方法が合っていれば短期間で成果が出ますが、 

間違った学習方法をしていると、

これを修正しないかぎり

何の成果もでないまま、

時間だけが過ぎてしまいます。 

 

湖の中のボート 対岸に富士山

 

湖で対岸に行くために手漕ぎのボートに乗り。 

 

 

しっかり漕いで、まっすぐ進めば、対岸に着きますが、
オールの片方のみで漕いでも、同じところをぐるぐる回るだけで、決して対岸には着きません。 

どんなに頑張って漕いだとしても。 

 

 

 

 

ペガサス栄町教室では、自分では気付きにくいこの間違いを修正し、一人ひとりに対し成果の出るやり方に導きます。 

 

こだわり~ティーチングではなくコーチング

ノート 勉強 見守る人

当教室では、単に答えを導きだすための解説だけで終わるのではなく、一人ひとりをしっかりと見つめながら、そのやり方を一人ひとりの目線に合わせてアドバイスしています。

 

ティーチングとコーチングの違いは何でしょうか?

 

ティーチングは教えること。

コーチングは引き出すこと、と言われています。

 

 

具体的に言うと、学校の授業と

野球のコーチの違いというと分かりやすいかもしれません。

 

 

学校の授業は、教えてくれます。

みんなに一緒に解説します。

 

 

野球のコーチは、

できるまで何度も何度も、

具体的にアドバイスし導きます。

 

 

ホームランを打つためには、

バットの芯にボールを当てなければならない。

ですが、

知っているだけでは打てるようになりません。

 

バットの持ち方や素振り練習。その癖や、上手くいく方法までしっかり見ていきます。

体格や力加減も一人ずつ違うところを、それぞれ、できるようにアドバイスしていきます。 

 

 

ノート 勉強 見守る人

 

勉強も同じです。

知っているだけ、分かっただけではなく、練習に練習を積み重ね、自分の感覚にしみこませ、できるようになっていくのです。 

 

 

こうした実践を重ね、その努力に比例して「できる」ようになっていきます。 

 

 

 

 

それは、受動的なものではなく、

自分でも精一杯考えて答えを導いていく、

本物の理解です。

 

 

ペガサス栄町教室ではティーチングではなく、

一人ひとりをしっかり見つめて、

その目線に合わせてアドバイスしています。 

 

こだわり~やる気・自主性を引き出す

光の中 少年 腕を上げる

新学期も始まり少し経ちますが、

新しい学年での生活は落ち着きましたか?
 

 

新年度も始まったところなので、今日から数回に分けて、改めてペガサス栄町教室の「こだわり」にフォーカスしてみます。

  

 

こだわりの中の一つ。

「本人のやる気・自主性を引き出します」

 

ペガサス栄町教室では、学力向上とともに、自分で考える力を養い、将来、社会の中で自分自身で物事を考え、決断し、行動できる人になれるように指導しています。

学力をあげる過程を通して、精一杯考えて答えを出していく姿勢を身に着けることで、その力が養われます。

 

光の中 少年 腕を上げる

 

大人になっても、予期しないことはたくさん起こります。 

むしろ、答えがないところに自分のベスト解は何かを考えていく事の方が多いかもしれません。

 

例えば、今回オリンピックの件一つとっても、最高のたった一つの正解があるわけではなく、

関係者の方々が、精一杯状況を分析し考えて決断している…

そして今後もどのように対応を変えていくか、その時々の最適解は変わってきます。

 

仕事だけでなく、人生には、大きい決断も、小さくて気づかないけれど積み重ねていく決断も沢山あります。

そしてその決断が、人生の質を大きく変えていきます。

 

ペガサス栄町教室では、精一杯考えて答えを導き出すことを繰り返し、自ら学ぶ力を養い、自信・やる気を培っています。

寒いですね…

猫 暖かい

新学期ですね。 

新しい生活…意気揚々といきたいところですが…… 

 

 

ここのところ、寒いですね。

 

雪が舞ったり、風が冷たかったりしますね。

この時期になると、「春!」という気持ちが強く、 

着ているものも薄着になりがちですが、 

そこに、この寒さはこたえます。 

 

特に…若いと薄着になりがちです。 

自分で考えているより、一枚なにか着るものをプラスするように 

心がけてみてください。 

 

そして、新学期は特に体を動かしている訳ではなくても、 

何かと気を使ったり、気を張ったりしているために 

思ったよりも、体が疲れていることがあります。 

 

このような時には、暖かくして 

睡眠を多く取るように心がけてください。

 

猫 暖かい
 

新学期、楽しく毎日を過ごすためにも 

勉強に集中するためにも、 

体が元気で、エネルギーに満ちている状態にしておきたいですね!
 

ご入学おめでとうございます!

青空 桜

入学式ですね。 

おめでとうございます。

晴れやかで清々しい空気の中、行われた式典は、 

今後の新しい生活への一歩目であり、 

未来への希望にあふれた時間となったことと思います。 

 

本当に本当に、おめでとうございます。 

 

青空 桜

 

生まれてから。ここまで。 

 

楽しいことも 

悲しいことも 

悔しいことも 

腹の立つことも 

笑えることも 

 

何一つ無駄のない、成長への糧となっていることでしょう。 

これから日常となる新しい生活も、 

有意義な日々となることでしょう。
 

力いっぱい。精一杯。楽しんでください。 

新鮮な気持ちで新しいことに取り組むには

新学期がはじまります。

道路の雪も溶け、土の上の緑が色が濃くなり、 

日当たりの良いところの桜の木は、微妙にピンク色がかってみえます。
 

新学期ですね。 

人によっては、まったく去年と変わらないという人もいるかもしれませんが。 

 

それでも、教科書などは新しくなります。 

印刷のインクのにおいがまだかすかにする、折り目のついていない真新しい教科書。

新しい教室。 

窓から見える風景

 

 

新学期に際して。
知っておきたい、ウイリアム・ジェイムズの言葉です。 

 

心が変われば行動が変わる 

行動が変われば習慣が変わる 

習慣が変われば人格が変わる 

人格が変われば運命が変わる 

 

マザーテレサも次のような言葉を残しています 

 

思考に気をつけなさい 

それはいつか言葉になるから 

 

言葉に気をつけなさい 

それはいつか行動になるから 

 

行動に気をつけなさい 

それはいつか習慣になるから 

 

習慣に気をつけなさい 

それはいつか性格になるから 

 

性格に気をつけなさい 

それはいつか運命に変わるから 

 

 

 

新学期は、行動や習慣を変えるいいきっかけになります。 

 

心や思考が前向きになったとしても、 

それを具体的な行動に移せなければ、 

今までの習慣をそのまま続けてしまいます。 

 

習慣は、無意識に繰り返すようになっていて、脳が同じ行動を繰り返すようにしているのです。

 

なので、今までと違う目的がある場合、よりよい結果を生みたい場合は、 

習慣を先に変えてしまう、そのために具体的に行動を変えてしまう方が早いことがあります。 

 

塾に通い始める、というのは具体的であり、とても良い習慣をつけることができます。

 

 

新学期。 

新鮮な気持ちで、色々なことに取り組みことができる時期でもあります。

この機会に、なにか行動してみませんか? 

あなたの夢のおうちは、どんな家ですか?

もし将来。自分の家を建てることになったら。
そしてそこに、予算や場所の制限がないとしたら。

 

どこに、どのようなお家を建てますか?

 

緑豊かな自然の中に、ログハウス調の2階建てのお家。 

暖炉があり、冬には赤々と勢いよく火が燃えている。 

最新のシステムキッチンは使い勝手がよく、パントリーには食料品がいっぱい入っている。

家族がそろって、いただきますをする温かい時間を過ごせるお家。

 

都会の一等地にあるタワーマンションの最上階。

窓からの景色・夜景は格別。

家具はスタイリッシュで高級感のあるものに揃えられている。 

週末には友人たちが集まり、ちょっとしたパーティーを開けるお家。

 

常夏の海外の、海辺の一軒家。 

目の前が海になっていて、その海でいつでもサーフィンを楽しめる。

仕事はリモートワークなので、自由に時間を使える。 

波のいい日は、一日中サーフィン。 

夕方には仲間たちでバーベキューを楽しめるお家。 

 

 

夢が広がりますね~。

 

 

を建てる時に必要なことは何でしょうか? 

 

 

間取りでしょうか? 

インテリアでしょうか? 

暖房や水周りの快適さでしょうか? 

 

 

 

全て大切ですが、本質的にもっと大切なものがあります。 

 

 

 

それは家の土台。基礎工事にあたる部分です。 

どんなにカッコいい家を建てても、 

地震がきてすぐに壊れては困りますよね? 

  

 

また内装をどんなものにしても、 

暖房設備を最新のものにしても、 

それを支える土台がグラグラで傾いたら 

安心して住んでいられませんよね?  

 

  

 

 

基礎工事には、誰も注目しないかもしれません

土に埋まって土台全てが見えないかもしれません。 

でもとても大切で、家の要の部分です。 

 

  

 

 

 

小学生・中学生の勉強は 

家に例えると、基礎工事の時期かもしれません。 

 

  

 

地味かもしれません。 

つまらないかもしれません。 

あまり注目されないかもしれません。 

 

  

 

ですがそれは、あなたの人生の土台となります。 

 

  

 

ここがしっかりしていると、 

その上にどのようなデザインでも間取りでも 

自由に設計することができます。

地震や、予定外のことにも揺るがないものとなります。 

  

 

いつからでも、大きく自由に人生を設計できるように。

揺るがない基礎を作っていきましょう。

条件は一緒だけど…

青空 雲 羽

春らしい日が増え、道路の雪も少なくなってきましたね。
もうすぐ、今年度も終わりに近づいてきました。

今年度は、新型コロナウイルスにはじまり、 

新型コロナウイルスに終わる。
そんな年になったかと思います。

学校の休校。 

授業スピードが速くなる。

それをカバーするように宿題が増える。 

 

これはもう、自分ではどうにもできないことです。 

 

 

良いことではないとわかっていても、 

周囲の人も同じだし、どうにもできない。 

 

 

本当に、こればかりはどうにもできません。 

コロナだけではなく、自分にはどうにもできないことは沢山あります。
大人になってからもあります。 

 

青空 雲 羽

 

ですが、

どうにも出来ないことを踏まえたうえで、 

自分がどう対応するか、
どのような対策を練るか、
どんな方法があるか模索するのは、 

自分でできることです。 

 

 

今回の場合であれば、 

 

休校や授業スピードが速くなったことはどうにもできないことですが、 

それによって、起こっている問題が、 

 

授業スピードが速く理解しきれていない。

宿題におわれているけど、理解していないうえでやっているので、 

時間ばかりがかかる。

「できた」という実感がない。 

 

ということであるならば、
では、どうしようか?と考えることは、自分でできることです。

ここを放置したり、人任せにするか、 

 

または、どうにかしようと、打開策を考えることは、大きな違いです。
この違いが、1年後、3年後に全く違う自分を作り上げています。

 

学校のこと、勉強のことだけでなく 

何事もこのように対応ができるようになれるといいですね。

 

 

ペガサス栄町教室では、 

感染症対策はもちろんのこと、 

状況を踏まえたうえ、 

一人一人の進度や理解度にも 

しっかり個別に対応しておりますので、ご安心ください。

🌸卒業おめでとう🌸

中学生の皆さん、ご卒業おめでとうございます🌸

中学生活のたくさんの思い出が走馬灯のように流れ、

熱い思いが胸いっぱいに広がっていることでしょう!!

卒業|春

今日は、公立高校合格発表の前日で、

緊張していることと思いますが、

受験という大きな山を乗り越えた皆さんは、

確実に成長しています!!

4月からの新生活に、その成長が大いに生かされることでしょう!!

 

これからも、自分らしく、大きく羽ばたいてくださいね!!

ペガサスは、そんな皆さんを、ずっと、ずっと応援しています☆彡

 

 

 

春休みには、何をしますか?

卒業証書 桜

もうすぐ卒業式ですね。 

一つの物事が終わります。
学年によっては、4月からは仲の良い友達と離れるかもしれない。
そんな一抹の寂しさを感じているでしょうか?

それとも、一つの学年が終わる潔さを感じているでしょうか?

 

卒業証書 桜

 

卒業式の後は、春休み!

短いですが、新学年の文房具を用意するなど、ちょっと楽しみな事も多いかもしれませんね。 

そんな春休みにしかできないこと。 

何でしょうか? 

色々あるかもしれません。
ですが、その一つに入れてほしいのが「総復習」です。 

前の学年の、 

分からないまま過ぎてしまったもの、 

あやふやなままのもの。 

苦手だなと感じるもの。
ありませんか?

 

過ぎてしまったことだから、忘れたい。 

苦手なものを、見ないふりをしたい。

その気持ち、よく分かります。 

もしかしたら世の中には、見ないで通り過ぎてしまって、 

つまり、放置しておいた方が良いものもあるかもしれません。 

 

ですが、こと勉強となるとそうはいきません。

なぜなら、どの教科でも、積み上げの学習という側面があるからです。 

終わったと思っても、先々その単元が形を変えてでてくる、基礎知識として知っておかなければならない事も多いからです。

春休みは短いですが、一つの学年そのものを大きい視点でみて、足りていないところ、苦手なところをしっかり復習してください。

そして、4月からの新学年を良いスタートで切りましょう!