カテゴリー: お知らせ

形容詞だけで会話していませんか?

ぬいぐるみ うさぎ ピンク

形容詞とは?
 

国語の問題になってしまいますが。 

最後が「~い」で終わる言葉のことですね。 

 

詳しく説明する、名詞や動詞を修飾する言葉。 

きれい、痛い、大きい、長い、新しい、明るい… 

 

 

そして形容詞単体でも使える便利な言葉です。 

 

便利は便利なのですが、親しい人と話をするときに、 

形容詞だけの会話になっていませんか? 

 

 

「見てこれ。カワイイ~!」 

「本当だ。カワイイ~」 

「ね~カワイイよね~」 

 

 

 

「あれ、ヤバくない?」 

「あれヤバいよ」 

「やっぱ、ヤバイよな~」 

 

 

楽しい会話です。 

親しい間柄で、かしこまって話をする必要はありません。 

ですが。 

本当にその話、相手と意思疎通ができていますか? 

 

 

ぬいぐるみ うさぎ ピンク

 

 

カワイイと思うポイントはどこなのか? 

 

雑貨屋さんに置いてあるぬいぐるみが「カワイイ」の対象なのだとしたら、 

カワイイと思うポイントは、モフモフの質感なのか、ぬいぐるみの表情なのか? 

 

なぜそれをカワイイと思ったのか? 

今までに見たことのない素材で作られているから。

他のぬいぐるみと違う、とぼけた表情をしているから。

など、何かしらの理由があり、

それは他の人と違うかもしれません。 

 

会話の中で、そんなに突き詰めて話し合う必要はないのですが、

頭の中では、形容詞以外の部分で気持ちや物事を

説明できるようにしておく必要があります。 

 

 

 

感じている事、思っていることはあるけど、説明できない。 

 

誰しも多かれ少なかれ、

そんな風に、もどかしい思いをしています。 

 

 

 

これは、その状態を説明する言葉を知らないという、

ただそれだけの事である可能性が高いです。 

 

今は、言葉の数をどんどん増やせる時期です。 

 

 

 

教科書やマンガに出てくる知らない言葉や言い回し。 

 

文章の読み取り、という勉強に直結する部分でも大切ですが、 

大人になるにつれ、形容詞だけの会話だけではなく、

人と意思の疎通をしなければならないとき、

物事を説明しなければならない機会が増えてきます。 

 

その時に、言葉の豊富さはとても重要です。 

 

 

 

 

本を読んだ時に、面白い表現を覚えておく。 

 

「この人の話は分かりやすいな」と思った時に、

どのような言葉を使っているか気を付けてみる。 

 

そんなことをしながら、言葉のストックを自分の中に増やしてみてください。 

子どもたちの声~勉強に関すること~

本 アイディア 学び 電球 閃き

ペガサス栄町教室のホームページに生徒さん達の声が掲載されています。 

小学校2年生から中学3年生までのお声です。 

 

その中で、勉強に関することが書いてある部分をピックアップしてみました。 

 

生徒さんがペガサス栄町教室に通っていて感じている事。思っている事。 

こうしてみると、どんな教室なのかよくわかりますね。 

 

本 アイディア 学び 電球 閃き

 

 

✔自分のペースで勉強できる。 

 

✔わかりにくい問題も頑張って解けるようになる!  

 

✔テスト前にはとても役立つ。 

 

✔学習方法も楽しい! 

 

✔テスト対策も、みっちり、がっつりしてくれる。 

 

✔苦手を克服しながらも、得意を伸ばすことができる! 

 

✔テスト対策をしっかりしてくれる。 

 

✔解けなかった問題もわかるようになり、弱点克服できます。 

 

✔集団でないから、おいていかれることがなく、自分のペースで学習できる。 

 

✔自分のペースで問題を解けるところがすごく良いです。 

 

✔わからない問題や、苦手な問題が解けた時はたくさんほめてくれるから、ヤル気も出るし、楽しくなる♪  

 

✔それぞれが授業に合わせて先取り〜復習まででいるので、授業でわからないことがあっても、理解しなおすことができる。 

 

✔わかりやすい!落ち着く!学校から近い! 

 

✔頭がボーっとしていても、その日にやったことを、翌日に忘れてしまったことは1回もありません!これは、自分自身しっかりと理解できた証拠です! 

 

✔予習、復習ができて良い。また、授業が楽しく感じられる。 

 

✔今までできなかったこと、わからなかったこと、知らなかったことができるようになってよかったです。 

 

✔個人でみてくれるので、勉強の効率が上がりよくなった。 

 

✔勉強する習慣がついて、「100点」を取る喜びを知ったようです。(ママ) 

 

✔理解する、納得するまでやっていただけるところが、とてもよいと思っています。(ママ) 

 

✔去年までは、夏季・冬季講習の時だけ通っていましたが、中3になってからは、週3回通うようになりました。すると、日々の復習やテスト対策をしっかり行えるようになって、テストの点数も内申点もすごく上がりました!!! 

 

✔ペガサスに通って、中1,2年でわからないままだったところが、どんどんわかるようになった。2年の冬から通い始めたけれど、もっと早く通えばよかったと思う。 

 

✔その日学校で勉強したところをその日のうちに復習できるし、個別だから先生に質問しやすいので、とてもよいと思う。 

 

✔学校でやったことを、その日のうちに復習できるので、そこがよいと思います。 

 

✔テストが近くなると、期末以外でも対策してくれるので、単元テストなどの点数もよくなりました。 

 

✔今まで自分ができなかったこと、わからなかったことなどができるようになり、学校でうけている授業よりもはやく進むので、予習にもなってよかったです。 

 

✔間違えたらできるまでやり直すことができるから、だんだん身についてくる。 

 

✔テスト前は、特に苦手なところを集中して勉強するので、わからないところがない状況でテストを受けられることができます。 

 

学校行事がないとどうなるか

学校行事がない。そんな事態は誰も想定していませんでしたね。 

言わずもがな、新型コロナウイルスの影響です。 

 

本来は行事が盛りだくさんの2学期。その中で行事がないと、つまらない。寂しい。張りがないなど色々な思いもあると思います。 

  

以前、テレビで報道されていたのは、卒業アルバムに掲載する写真のバリエーションが少なくなる、という話でした。
写真の総量は、三年間で他の行事を増やすなどで出来ますが、そのようなところにまで影響するのですね。 

 

 

 

  

そして、行事が少なくなった分だけ、テストだけが際立って見えるということはありませんか? 

通常であれば、行事に目がいき、そこにフォーカスしていた気持ちや目が、残っている行事…テストに向きます。

特に中3生は、そう思えるかもしれません。 

テスト、テスト、テスト… 

ですが、これは決して悪い事ではありません。なぜなら、計画が立てやすく実行しやすいからです。 

 

他の行事に割いていた時間や労力、そして気持ちもテストに向けることができます。
余裕を持った計画を立て、落ち着いて勉強できます。 

 

 

学校が休校の間の単元など、勉強においても単純に例年通りとはいえない状況ですが、今ある状況を最大限活用して取り組んでみてください。

また。時間があると思うと、人はどうしても後回しにしたり、ダラダラ時間を過ごしがちです。そうならないためにもペガサス栄町教室で、図書館のように静かで集中できる空間で、しっかりと取り組みましょう。 

体調にお気をつけください

急に涼しくなりました。 

 

「さすが北海道」なのか「やっぱり北海道」なのか。 

「気温が下がる」という一つの事実にも、とらえ方によって、その感想や表現が変わってきます。 

「夏が終わる」という事実には、どのような感想を持ちますか? 

 

  

 

今年は、北海道も連日暑い日が続いたので、この急激な変化に体がついていかない事があります。 

 

今まで通りのつもりで、上着を着て出掛けなかった。 

朝晩と日中の気温差に驚いた。 

そのようなちょっとした事が、体に影響を及ぼします。 

 

体がだるい。 

鼻水が出る。 

少し冷える気がする。

 

そのようなときは、しっかりお風呂に入る 温かいものを食べる、睡眠を多くとることを心掛けてみてください。 

 

 

体が辛いと、勉強はもとより何事にもやる気が起きなくなってしまうものです。 

 

風邪や体調が悪くなった時のはじめに、これくらいと放っておくと、思いがけなく長引いたり、他の症状まで引き起こしてしまう事もあります。 

 

秋のはじめのこの時期、無理せず油断せずに温かくお過ごしください。 

 

知る・理解する・できるは違う

物事を習得するときの5ステップというのをご存じでしょうか? 

 

 

勉強でも習い事でも仕事でも 

今までできなかった事ができるようになるための5ステップというものがあります。 

 

  

第一段階が「知らない事を知らない」 

第二段階が「知る」 

第三段階が「理解する」 

第四段階が「意識してやってみる」 

第五段階が「意識しなくてもできるようになる」 

 

 

水泳を習っているとして。 

 

 

クロールを知らない。 

水泳教室で、それを知る。 

手足の動かし方、息継ぎなどを教えてもらって理解する。 

実際に泳いでみて練習する。 

手足の動きや息継ぎのタイミングを考えなくても泳げるようになる。 

 

 

自転車に乗るのと同じで、一度できるようになると意識しなくてもできるようになりますよね。 

 

 

意識しなくてもできるようになってしまえば、簡単に思える事も、理解した時から実際にやってみてできるようになるためには、何度も練習しています。 

 

 

 

 

 

これが物事ができるようになるステップで、全て同じです。 

 

 

ですが何故か勉強になると 

「理解する イコール できるようになる」と思ってしまうようです。 

 

 

数学の方程式でも、英語を話せるようになるのも 

水泳の練習と同じで、理解した後に体が覚えるまで何度も練習をするように。 

 

 

勉強も、何度も繰り返しの練習が必要です。 

 

 

 

しっかり身につくと、どんな変化球がきても大丈夫になりますが、そこまではやはり練習です。 

 

 

暗記の問題も、出題の形式によって迷う事のないように、やはり練習が必要です。 

 

 

この練習の量には個人差があるかもしれませんが、やっているうちに出来るようになります。 

 

 

繰り返し繰り返し。遠い道のりに感じることもあるかもしれませんが、これが一番確実で最短な方法です。 

 

 

図書館のように静かなペガサス栄町教室で、集中して取り組んでみてください。 

数字からみる夏

本州の毎日35度越え、

という猛暑ではありませんが、

札幌もまだまだ暑いですね。

 

マスクをしているから、

余計に大変という話も聞かれます。

 

次の数字はなんだと思いますか?

 

全国平均 86.4%

北海道  25.7%

 

全国的に多いのに、北海道は極端に少ない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこれ、エアコンの普及率です。

一般家庭における、

耐久消費財としてのエアコンの普及率。

 

総務省統計局で調べた、平成26年の普及率です。

 

 

猛暑にはならないけど、暑いものは暑い。

 

暑いから、今年こそはエアコンを買おうかと思ったけど、 お店に行ったら、 取り付けまでに時間がかかると言われてしまった。

 

そうこうしているうちに涼しくなってしまうから買うのを止めた。

 

冬の暖房はエアコンに頼らずとも、 他の暖房器具があるから問題ない…

 

色々な背景が考えられますが、 とにかく、北海道のエアコンの普及率は低い!

 

「少ない」という事実は知っていても

どれくらい少ないのか 数字で見ると明らかですね。

 

 

実際、35度を越える猛暑日は、北海道は年に0.1日だそうです。

 

8月16日、アメリカ、カリフォルニア州のデスバレーで、気温54.4度を記録したそうです。

公式記録として認められたら、1931年以来の記録的な暑さとなるそうです。

ただ「暑い」と表現する以上のものが伝わりますね。

 

数字や表を見ると、

「多い」

「テレビで報道されている」

「なんか大変そう」

というイメージのものが、

ハッキリと伝わる事があります。

 

表やパーセント、数字の世界を

算数・数学の教科書の中だけのものではなく

日常でも意識してみてください。

 

数字を読むことによって、

間違いなく伝わる、

正確なところが分かるなど、

メリットがいっぱいです。

 

朝晩は涼しくなるといっても、

まだまだ暑い札幌。

 

北海道の熱中症の救急搬送の人数も増えています。

 

ペガサス生の皆さんも、水分をしっかりとって 熱中症に気を付けてください!

日本の行事・風習にみる意味

8月には、お盆のような日本の風習もあり 

終戦や原爆に関する報道も多くなります。 

 

「お盆休み」という休暇がある会社も多いので、 

お盆を知っている人がほとんどだと思います。 

 

ではお盆は何の日でしょうか? 

 

ご先祖様が帰ってくる日。 

死者の魂を鎮める日。 

など聞いたことがあるでしょうか?

そしてこのお盆の風習は、 

お墓参りに行く、という代表的なものから 

迎え火・送り火・精霊流しなど
地域によって日本全国それぞれ特色があります。 

  

お盆の他に、春分の日、秋分の日が 

お彼岸と呼ばれる習慣もあり 

古く聖徳太子の時代に始まったともいわれます。 

 

 

春分・秋分の日は、日本の四季をとらえる 

二十四節気というものの中にあります。

春夏秋冬の季節の節目を表す言葉です。 

 

天気予報を見ていて 

「大寒」「立春」という言葉を 

聞いたことはありますか? 

実は知らないうちに身近にも使われている言葉なんです。 

 

一つの物事や日本独特の風習から 

地域の違いや特色を探ってみたり 

その行事の意味やルーツを調べてみるのも 

面白いものです。
 

マンガやアニメの中に出てくることもあります。 

 

 

そして、戦争にまつわる報道を目にする機会も増えます。 

こちらも、目にするものだけでなく 

少し深く調べてみるのも 

歴史、近代史、世界の中の日本を知る手掛かりになります。 

 

 

知っている事が増えることで、 

世界が広がり、 

調べる楽しさを知り、 

物事を判断する力も強くなります。
 

身近なことから「これって実はなんだろう?」と 

疑問に思うのも一つの力です。 

 

短い夏休みですが、普段より時間のある時に 

いつもと違う事にも目を向けてみてください。 

余裕で締め切りを迎える2つの方法

ギリギリになってから焦る。
提出期限が近くならないとやる気にならない。
もっと時間があったらいいのにと思う。 

  

テスト勉強でも、

長期休暇の宿題でも、

何かの提出期限でも、

このようなことはよくあることです。

 

人は締め切りがないと、

なかなか行動に移せないものなのです。 

 

先延ばしにできるものは、

できるだけ先延ばしにしたいという心理が働くそうです。 

 

 

なので、ギリギリになる、時間がなくなって焦るというのは、

多くの人に共通する課題でもあるのですね。 

 

 

今日は、そんなギリギリになってしまった経験のある人に、

それを改善する方法を2つご紹介します。 

 

 

 

 

一つ目は、締め切りまで長い時間があるものの場合です。 

 

目標にしている事が年単位のものは「なかなかやる気にならない」では、目標を達成するのが難しくなってしまいます。 

 

その場合は、数年後の締め切りの前に、

小さい目標の締め切りをいくつか立てて、

そこで進捗状態をチェックするようにしましょう。 

 

その目標を達成するためには、

この時点でここまで進めていなければいけない。

 

もし進んでいなければ、

どのように追いつかせるか、

どこが問題点なのか考えたり、

行動を変えたりします。 

 

 

高校受験の場合は、この手法がしっかり体系化されていて、受験当日の前に中学3年生なら学力テストABCがあります。

 

道コンを受けましょうと言われるのも、沢山の意義がありますが、その一つに自分の現在地が分かるという利点があります。 

 

 

また各学年の成績や、テストにも同じ側面があります。 

 

  

 

もう一つは、もう少し短い期間の締め切りの場合です。 

 

その時は、ちょっと早くすることを心掛けてください。 

 

いつもギリギリ、という時のパターンを思い返してみて、 

それよりも少し早く始めることを心掛けます。 

 

 

単純な方法ですが、効果は絶大です。 

 

 

どうせやらなきゃいけないのですから、

サクッと終わらせちゃいましょう! 

 

 

 

 

そして、このことは勉強だけではありません。 

ちょっとした回答や、頼まれごとなど、 

いつもギリギリの人と、余裕をもって終わらせる人。 

 

 

学校に通っている間は気にならないと思いますが、

大人になるとその差は歴然です。 

 

今のうちに、

ギリギリにならない習慣をつけておきましょう。

偉人ではなく漫画から~

連休中いかがお過ごしですか?

 

本当は、夏休みに入ってるんだよな~と思うと、 

何だか、だるくなる、やる気にならなくなる、という事はありませんか? 

本当に今年は、予想外の事だらけで振り回されますよね。 

 

 

ペガサス生は全般にしっかり勉強に取り組んでいる人が多いのですが、 

疲れるときもあると思います。 

 

 

そんなやる気のなくなった時に。 

ちょっとダルいだよな~となった時に効く名言をご紹介します。 

 

 

そういう時はモチベーションが下がっている時なので、 

こういう名言で、心に栄養を与えてあげてください。 

 

 

体の栄養は食べ物ですが、 

心の栄養の一つは、文章や物語です。 

 

今回は、偉人の名言ではなく、漫画からの名言をご紹介します。 

 

 

ドラえもん 

「人にできて、きみにだけ出来ないなんてことあるもんか」 

「いちばんいけないことは、自分なんかダメだと思うことだよ」 

 

BECK 

「妥協してちゃ、それなりのもんしか手に入らねえぜ」 

 

はじめの一歩 

「努力したものがすべて報われるとは限らん。 

しかし!成功したものは皆、すべからく努力しておる!!」 

 

ハチミツとクローバー 

「努力するかあきらめるか、どっちかしかない。 

人間に選べるなんて、いつだってこの2つしかないんだ」 

 

ドラゴン桜 

「すぐに結果が出るわけではない。そこで絶対に投げ出さないこと」 

 

 

少しやる気が出たでしょうか? 

 

もしかしたら、漫画を読みたくなったという人もいるかもしれません。 

でも、その気持ちに打ち勝ち机に向かってみましょう。 

 

漫画を読みたくなってしまったあなたには、 

宇宙兄弟のこのセリフを送ります。 

 

「俺の敵は、たいてい俺です」 

階段の踊り場時期

 階段の踊り場。
階段の途中で平らになるところです。
 

 

成績の伸びにも、これと同じような時があります。 

勉強をしていると、 

勉強量がそのまま成績に反映される時期もありますが、 

 

ある時期になると、 

今までと同じようにやっているのに、 

今までと同じように成績が伸びない、という事があります。 

 

 

そんな時は、おかしいなと思い焦ったり 

やっていても無駄なのではないかと落ち込んだりするものです。 

 

 

今まで上がってきたのに、上がらなくなった。 

足を前に出しているのに、進んではいるけど、登らない。 

まるで、階段の踊り場です。 

 

 

それは、やればすぐに結果につながる基礎学力と応用問題の違いの事もありますし、 

 

知識や実力をためて、次につながる準備が水面下で行われている時期でもあります。 

 

繰り返すことで力を発揮するものがあり、 

その繰り返しがまだ足りないだけ、という事もあります。 

 

ですが、その後は急激に伸びます。

進んでいるからこそ、壁に当たり、

続けるからこそ、壁を越えられるのです。

 

 

 

この時期に、 

そういうものなだ。 

勉強をしていたら、必ずこういう時期があるだと知っておくと 

焦らずに勉強に向き合えます。 

 

そういう時期に必要なのは、 

そういうものなのだと理解して、 

諦めずたゆまず、反復を繰り返すことです。 

 

 

 

今すぐ結果に結びついていないと感じていても、 

確実に実力はついています。 

そのあとは、急に伸びます。 

 

繰り返しの学習は、しっかり実力がついていきます。 

地道かもしれませんが、迷わず焦らず、取り組んでいきましょう。