集中できる時間とうまく付き合うには?

人間の集中力には限界がある、 

という話を聞いたことがありますか? 

 

人間は、どんなにがんばっても 

ずっと集中し続けることは出来ないのです。 

 

勉強でも一緒です。 

ある程度の時間頑張ってやっていても 

脳が疲れてきて 

集中が途切れちゃうのです。 

 

どうせなら、ダラダラ長い時間やるより、 

集中した方が勉強の効率がいいですよね?

 

では、どうしたら、 

集中する時間を長引かせることができるのでしょうか? 

 

 

 

人間が収集できる時間は、 

50分とも、90分とも言われています。 

 

これ実は、中学校高校の授業時間、 

そして大学の授業時間です。 

 

集中が高く続くのは50分。 

ある程度の集中だと90分くらいが持続できるそうです。 

 

授業時間も上手く作られているのですね。 

 

これは脳波のウルトラディアンディズムというのが 

関係しているそうですが… 

 

どちらにせよ、 

集中は切れてしまう。 

 

そういう時は、どうすればいいか? 

 

月並みなのですが、 

ちょっと休憩を取りましょう。 

 

 

 

勉強以外の事をする、 

仮眠をとる。 

ちょっとストレッチしてみる。 

 

そうしてリフレッシュすると 

また集中力を取り戻せて 

勉強がはかどります。 

 

ダラダラ机に向かうより、 

高い集中で取り組めるように 

ちょっと工夫してみてくださいね。 


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス