1年後・3年後・5年後の未来は?

一年のほぼ真ん中、6月。

年末年始の慌ただしさもなく、

新学期からも少し時間が経って

一番、落ち着いている時期かもしれません。

 

そんな、落ち着いた時期にこそ、

考えてほしいことがあります。

 

目標設定をする前に

大切な事って、なんだと思いますか?

 

目標を達成出来たら嬉しいですよね。

目標って、なんのために立てるのでしょう?

 

それは、目的を達成するためです。

 

じゃあ、あなたの目的ってなんですか?

 

 

 

 

ちなみに目標と目的の違いですが、

 

目標というのは、

これからの定期テストで全ての教科で満点を取る!

というのが目標。

 

そしてその結果得られるものが目的です。

例えば、あそこの学校の推薦を取る!

などですね。

 

ダイエットを例にすると、

5キロ痩せる!

というのが目標。

 

その結果得られるのが

「あの洋服を着る」

「みんなでプールに行った時に恥ずかしくない」

などが目的です。

 

 

さて。

実はこの先にも続きがあります。

 

その目的は、何のためにあるのですか?

 

 

その学校の推薦を取れたら。

あの洋服を着られるようになったら、

 

どうなるのでしょうか?

 

それは、あなたの夢です。

 

あの学校に通って、こんな学校生活を送りたい!

あの洋服を着られるようになって、こんな素敵な自分になりたい!

 

 

目標設定をする前に、

まずここの夢の部分を明確にしてください。

 

そうしないと、目的も目標も

何となく周囲の情報に左右されて

ふんわり決めたものになってしまいます。

 

この夢の部分が明確だと

ゴールがはっきり見えている、

そして目標達成の意味を理解しているので、

ぶれずに、日々のコンディションに左右されずに

モチベーションを保ち続けることができます。

 

 

まず、この夢を描いてみてください。

 

何の制限もなく

時間もお金も周囲の意見も、

自分が出来るかどうか、も置いといて

1年後、3年後、5年後の未来を

思いっきり思い描いてみてください。

 

できれば、紙に書くことをお勧めします。

 

紙に書くと明確になります。

 

 

今、中学三年生なら

1年後は高校生。

3年後は高校三年生。

5年後は…?

 

今、中学1年生なら

1年後は中学2年生。

3年後は高校1年生。

5年後は高校3年生。

 

どうなっていたら嬉しいですか?

 

 

まずここを、ワクワクしながら

決めてみましょう。

 

 

 

 

夢が本当にあなたの叶えたいものなのだとしたら

日々の努力がどこにつながっているか分かるので

明るく楽しく努力することができます。

 

 

「常に明るさを失わず努力する人には、

神はちゃんと未来を準備してくれます。」

 

稲盛和夫(京セラ・KDDI創業者)

 


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス