計画の見直しをする

「計画を立てましょう。」

これはよく言われる言葉だと思います。

 

 

「夏休みの計画を立てましょう」

「テスト前の計画を立てましょう」

そして…

全て計画通りに出来た!

と行けばいいのですが、

これがなかなか難しい、と感じる事はありませんか?

 

 

「計画なんて立てたってどうにもならない」

と感じている人もいるかもしれませんが、

「計画」はやっぱり大切です。

 

どう大事かと言うと、

ある意味、「時間の設計図」みたいなものだからです。

 

 

 

例えば家を建てるとき。

竪穴式住居を建てる場合は、

昔の人は、

設計図を作っていなかったかもしれません。

 

長年の勘や

隣を見て建てられるかもしれません。

 

 

ですが、五重の塔を立てるとき。

博物館を建設する時。

設計図がないと

キレイで安全な建物は建てられない。

 

 

 

時間もそれと同じです。

 

24時間。

やることが少なければ、

計画を立てなくても

上手く行くこともあるでしょう。

 

ですが、

沢山の予定をこなさなければならない時、

締め切りまでに終わらせなければならない時。

 

やっぱり計画は必要です。

 

 

 

「だけどな~」

「計画立てたって、その通りできない」

なんて声も聞こえてきそうです。

 

 

そういう時は、

「計画の見直し」をしましょう。

 

いつまでに、

これを終わらせなければならないのか。

 

それまでに必ずしなければならないのは、

最低限やらなければならないのは

どれなのか。

 

それを終わらせるために出来る事。

逆に、棚上げしたり、後回しにしていいことは何か。

 

 

これは、大人になってから

仕事をする上でも、

日常のことを組み立てるときも

必要なので、

今から

この習慣もつけておきたいですね。


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス