お知らせ

春分の日は何の日?

ぼたもち、さくらの背景

 まだ道路に雪のあるところも多いですが、日も長くなり、暖かい日が増えてきました。

2022年3月21日(月)は春分の日です。

この日を境に昼の時間が長くなり夜が短くなっていく、季節の変わり目、節目となります。

人々は昔から、長かった冬ももう終わり、春の訪れを感じるこの日になると自然に感謝し、春の始まりを盛大に祝っていました。

もうひとつ、春分の日は「お彼岸の中日」でもあります。

お彼岸とは、あの世とこの世が最も近くなる期間とされていて、春分の日はお墓参りをしてご先祖様に感謝する日でもあります。

春分の日に食べると縁起が良いとされている「ぼたもち」ですが、ぼたもちには小豆が使われていますね。

昔から小豆には「魔除け」の効果があると伝えられていて、ご先祖様へのお供え物として定着していました。

ぼたもち、さくらの背景

ぼたもちを食べることで邪気を追い出せるという効果があり、人々がご先祖様と近い場所にいる春分の日にぼたもちを食べて邪気を払い、健康に過ごせるようにと願う風習となりました。 

春分の日は季節の変わり目であり、昼夜の寒暖差が激しく体調を崩しやすい時期でもあります。

新型コロナウイルスの蔓延防止期間も終わりになりますが、引き続き体調管理には十分気を付けて過ごしてください。

春期生募集 春期講習

全員合格おめでとう🌸

ペガサス札幌栄町教室、受験生のみなさん!

今年も、大きな感動をありがとう‼

全員合格おめでとう!!

中には、2倍近くの難関を突破した生徒さんもいました!

みんな、素直にしっかりとついてきてくれて、

本当に大きく成長しました!

青空 桜

これからは、今まで以上に、

楽しかったり、幸せだったり……

苦しかったり、悲しかったり……

することをさらにたくさん経験します。

この受験に打ち勝った皆さんなら、

どんどん乗り越えていけるでしょう☆彡

ペガサスは、そんな皆さんを、

これからもずっとずっと応援していきます☆彡

 

中学校卒業おめでとう!!

そして、

合格おめでとう☆彡

 

 

 

 

そこの深い意味は?

瓶の中のキャンディ

入試も学年末テストも終わり、春休みを控えたこの季節。

気持ちもゆっくりのんびりしている人も多いのではないでしょうか?

ペガサス栄町教室では、春期生の受付がはじまっています。

3月19日までの春期特典もあります!

落ち着いたこの時期に、先を見越して行動していくと大きな差になります。

 

さて、 来週はホワイトデーがあります。

 

ホワイトデーは日本で始まったイベントで、1980年に全国飴菓子工業協同組合が「3月14日はホワイトデー」と命名しました。

日本では昔から「内祝い」や「香典返し」など、贈り物をいただいた時には必ず後からお返しをするという文化があります。

その文化があるからこそ「ホワイトデー」が生まれたのでしょう。

瓶の中のキャンディ

ホワイトデーのお返しとしてお菓子が定番ですが、このお菓子にはさまざまな意味が込められていることを知っていますか?

 

・飴、キャンディー=「あなたが好きです」

飴やキャンディーは固いことから「お互いの関係が壊れにくい」という意味があります。

また長く味を楽しめることから、「長く関係を続けていきたい」というメッセージが込められています。

 

・クッキー=「仲の良い友達でいてください」

クッキーはサクサクしていることから、「これからもサクッとした楽しい関係でいましょう」という意味があります。

近年では友チョコが定番化されてきているので、お友達へのお返しにも良いですね。

 

・バームクーヘン=「幸せが続きますように」

バームクーヘンは、いくつもの層が重なり合って作られていることから「幸せが重なり続ける」という意味が込められています。

特別な人や、幸せを願う相手へピッタリのお返しになりますね。

結婚式の引き出物にバームクーヘンが採用されることが多いのも、こういった意味が込められているからです。

 

お菓子に込められた深い意味を知っていると、バレンタインデーに限らず、お友達や親しい人、またはお世話になっている人にお菓子の贈り物をするときにも思いを込めて渡せますね。

 

何事もそうですが、同じ行動でも「深い意味を知っていてすること」と「知らずにすること」では大きな差があります。

 

全く差がないように見えることでも、分度器の1度の差が直線が進めば進むほど大きく変わってくるように、先々で差がでるものです。

 

同じように問題を解いていても、「この勉強の先に何があるのか?」をしっかり意識している人と、「なんとなく」解いているのとでは、どう変わってくるでしょうか?

 

春期講習。個別相談、無料体験もしています。

全集中している生徒たちの姿を見にきてください。

春期生募集 春期講習

春期生募集!

いよいよ受験生にとって、

公立入試日が秒読み段階に入ってきました!

新しいことに手を出さず、

これまで積み上げてきたことの最終確認に集中しましょう!

そして、体調をベストな状態に保ちましょう!

さて、

ペガサス栄町教室、春期生を募集しております!!

春期生募集春期講習

短い春休みに入ってからではなく、今から、

前学年の復習をしっかりし、新学年に備えましょう!!

体験、個別相談、随時受け付けておりますので、

お気軽にお問い合わせください!!

 

2月22日は免疫力を高める ある食べ物の日!

おでんモザイク

2月22日は何の日か知っていますか?

寒いこの季節にピッタリの、ある食べ物の日です。

免疫力を高めて、ウィルスに負けない身体をキープするためにもピッタリの食べ物…それは「おでん」です。

2月22日は「おでんの日」です。

皿に盛ったおでん

おでんの日は、新潟県の「越乃おでん会」によって、おでんを新潟の名物にして、「おでんで新潟をもっと元気にしよう!」と、2007年に制定された日です。

2月22日は「フーフーフー」とも読め、息を吹きかけて食べることが「おでんの日」の由来でもあります。

毎年寒い季節になるとおでんメニューが活躍しますが、実はこのおでん、栄養価がとても高く免疫力をあげる食べ物として非常に優秀なのです。

 

人間の免疫力を下げないためには、腸内から温め、腸内環境を整えることが大切です。

小腸には70%もの免疫細胞があり、免疫細胞の宝庫といわれています。

 

温かいおでんは、食べるだけで体の内部から温めてくれます。

お鍋の中でさまざまな具材の栄養素が出汁に溶け出し、さらに時間をかけて煮込むことで具材に栄養素が染み込み、栄養のコラボレーション具材が次々に誕生していきます。

 

例えば、おでんに必須とされる「ちくわ」、ちくわにはウィルスと戦う免疫細胞を作る手助けとなる魚肉タンパク質が多く含まれています。

「がんもどき」の栄養素には、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれる効果があります。

「ロールキャベツ」には、免疫細胞を強化するビタミンがたくさん含まれています。

 

そして忘れてはならないのが「玉子」

玉子にはたんぱく質、鉄、亜鉛、葉酸、ミネラルなど豊富な栄養素がありますが、おでんとしてほかの具材たちと一緒に煮込むことで食物繊維が含まれるようになり「玉子はおでんに入れると最強玉子になる」とも言われています。

おでんがいかに免疫力を高めてくれる優秀なメニューなのかがよくわかりますね。

 

まだまだ寒い日が続いています。

特に受験生のみなさんにとっては、今が最後の頑張り時。

そして大切な時期だからこそ、免疫力を高めて、ウィルスに負けない身体をキープしなければなりません。

2月22日は、「ウィルスに負けない、風邪をひかないようにする」といった願掛けも込めて、体の内部から温まるおでんを食べてみてはいかがでしょうか。

挑戦を続けていく強さ

金メダル

冬季オリンピックが開催され、連日メダル獲得の報道で賑わっています。

私立の入試もあり「見ていない!」という人も多いかと思いますが、

オリンピック開催中には、想像もつかないようなさまざまなドラマが生まれます。

  

フィギュアスケートで金メダル候補とされていた羽生結弦選手は、

惜しくも五輪3連続制覇を逃し4位という結果に終わりました。

その結果に対して彼は

「正しい努力をしてきたと思うし、自分が考え得る全てのことをやってきた。」と

とても清々しく晴れやかな表情で語りました。

 

彼は超難関とされる4回転半ジャンプに挑戦しました。

今回挑んだ4回転半ジャンプは、転倒してしまったものの

羽生選手が今まで歩んできた努力の結晶とも言えるものでした。

 

その姿は各メディア界から

「傷だらけになりながらも戦場に挑み、極限に挑戦した素晴らしい選手」と

称賛されました。

 

 

失敗することを恐れるのでなく、

「挑戦することの素晴らしさ」や

「挑戦することで生まれる可能性は無限大にある」ということを

羽生選手は私たちにみせてくれました。

 

 

羽生選手は

「悔しさは僕にとって収穫でしかない」

「悔しさがあるから明日がワクワクする」と、

悔しさを自分にとってプラスなものだと断言しています。

 

 

今まで感じてきた悔しさをバネに、

きっと彼はこれからも挑戦を続けてどんどん飛躍していくことでしょう。

 

金メダル

学校の定期テスト、道コン、そして私立の入試。

それぞれの結果で悔しかった部分はありませんか?

それは飛躍させるためのバネとなります。

 

 

「努力が嘘をつく時もあるかもしれない、けど努力は決して無駄にはならない。」

「一番努力した者が、必ず一番の結果を出せるものではありません。しかし、努力をしなければ、結果は決して残すことは出来ません。」

羽生選手が言ったこの言葉は、

公立校入試に向けたみなさんにピッタリの贈り物になるかもしれません。

 

 

自分にピッタリの金メダルを取りにいきましょう!

柔軟な強さを!

雪の上に鮮やかな寒椿

オミクロン株が猛威を振るっています。

災害級の大雪で、交通機関も生活も大きな影響がでています。

大変な状況の方もいらっしゃることと思います。

心よりお見舞い申し上げます。

 

雪の上に鮮やかな寒椿

 

私立の入試がせまってきました。

 

なんとなく不安を感じているかもしれません。

焦っているかもしれません。

 

それでも大丈夫です。

人生の大勝負のときに、全く平常心でいられる人はそう多くはありません。

誰しも、心配になったり不安を感じたりするものです。

 

そういう自分も「これで当たり前なんだ」と思うことで、少し冷静に、落ち着きを取り戻すことができます。

 

そして思い出して下さい。

いままで、どれだけ頑張ってきたか。

解けなかった問題が解けるようになったか。

意味わかんない、と思っていたことが、目の前が開けたように分かった瞬間があったことを。

 

努力は裏切りません。

自分の力を信じて、落ち着いて挑みましょう。

 

オミクロン株や大雪のように、予期せぬことは、いつでも起きます。

これからの人生でも「思ってもいなかった」ことが多く起こるでしょう。

 

それでも、焦らず落ち着いて考えてください。

今までの経験や、それまでに身につけてきた力があれば、柔軟に発想し、最適なことを考えることができます。

 

努力する姿勢。頑張ってきた経験は勉強だけでなく、確実にあなたの力になっています。

自分を信じて、力を発揮してしていきましょう!

想像してみてください

青空に雲のThank you

2月に入りました。

私立高校入試まで半月、

公立高校入試まで1ヶ月を切りました。

想像してみてください。

合格発表後に、自分に「ありがとう!」と言っているところを。

 

未来のその時から、今の自分に向かって「ありがとう!」と。

 

「やったー! 最高! 嬉しい!

あの時の自分…頑張ってくれて、ありがとう」

 

「あの時、ゲームをしないで机に向かってくれてありがとう!」

「いつもよりちょっと多く問題を解いてみてくれてありがとう!」

「一問一問、真剣に取り組んだから、この結果を手に入れたよ。ありがとう!」

 

どんな「ありがとう」が思い浮かびますか?

きっと一人一人違うでしょう。

 

目をつぶって、少し想像してみてください。

青空に雲のThank you

 

 

さて

それでは今、何をしますか?

 

日々、悔いのないように毎日を過ごしていきましょう。

笑顔が持っている力

色とりどりのペン。描かれたニコニコ顔

「笑う門には福来る」(わらうかどには ふくきたる)ということわざを知っていますか?

似た言葉に「笑門来福」(しょうもんらいふく)という四字熟語があります。

どちらも、笑顔がたえない人や家には、自然と幸福がやってくるという意味です。

実際、笑顔にはたくさんの秘められた力があることを知っていますか?

今回はその中で代表的な3つを紹介します。

 

色とりどりのペン。描かれたニコニコ顔

 

  • 〇健康面での効果

笑顔になることで、心身共に健康になれるという効果があります。

これは医学や心理学的にも立証されているもので、笑顔になることで脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌され幸福度が増すとされています。

エンドルフィンは痛みやストレスによる苦痛を抑える作用があるホルモン。

このホルモンが自律神経のバランスを整え、緊張感や不安による心のストレスを和らげるという効果があります。

さらに、笑顔になることでナチュラルキラーと呼ばれる免疫細胞を活性化させることができ、免疫力をアップさせるという効果もあります。

 

 

  • 〇緊張を和らげる

笑顔になることで体の強張りをほぐし、緊張を和らげるという効果があります。

また人と向かい合って笑顔になることで「ミラー効果」と呼ばれる現象が起き、お互いに笑顔になりリラックスできるという力があります。

笑うという動作は、自らの気持ちを高揚させ、心に余裕ができ思考力や洞察力もアップします。

 

 

 

  • 〇脳の働きが活性化される

笑顔になることで脳の働きが活性化されて記憶力や考える力が高まる効果があります。

笑うことによって脳内のα波が増え、リラックス状態になり、意思や理性をコントロールする大脳新皮質への血行が良くなり脳の働きが活性化されます。

 

 

このように笑顔になるだけで役立つ効果がたくさんあります。

笑うだけでこんなにメリットがあるのはとっても嬉しいですね。

 

入試や面接で実力を存分に発揮するためにはまず笑顔を作ってみましょう。

緊張や不安で笑顔になれない、と思うかもしれませんが、はじめに少し無理をしてでも顔の筋肉を笑顔の形にすると、不思議なことに緊張がほぐれてきます。

 

リラックスすると、脳の働きもよくなり普段の実力を発揮する手助けになります。

緊張しているとき、不安なとき、マスクの下で笑顔を作ってみてください。

一つ上の視点で、できることは何か?

新型コロナウイルス。オミクロン株。

また流行ってきましたね。

感染力が強いと聞いて、心配に思う方も多いと思います。

一体いつまで…と嘆きたい気持ちになるかもしれません。

 

自分にできることは限られています。

 

ウイルスの入り込まない健康な体づくり。

そもそも入らないようにするための、マスク、手洗い、うがい、消毒。

 

自分にできることを、しっかりとしていきましょう。

 

 

これは受験にも共通する部分があるかもしれません。

志望校の倍率や、当日の天候など、自分でコントロールできない要素が沢山あります。

 

その中で、自分にできることは何でしょうか?

 

苦手な分野を、少しでも減らすこと。

風邪やウイルスだけでなく、体調を万全に整えること。

受験日の交通機関の下見や、万が一の際のシュミレーション。

 

他には…?

 

 

 

長い人生、予測のできないことに遭遇することもあります。

不安や憤り、辛い悲しい感情を味わうこともあるかもしれません。

 

ですが一つ大きな視点をもち、

その時々で自分にできることは何か?を、考えられるようになれるといいですね。