お知らせ

ピンチはチャンス

ご存じでしょうか? 

 

2011年の東日本大震災の時、
被害のなかった遠い地域の人も

津波の映像を何度も何度もテレビで見たことによって、 

鬱状態になった人が大勢いることを。 

 

 

今のテレビの報道も、まさにそれと同じような状態になっています。

決して批判する訳ではありません。 

報道も、必要なことを知るための大切な情報です。 

 

 

ですが、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」 

必要以上の、特にこのようなマイナスな情報は、 

受け取りすぎると、心が苦しく、辛くなります。 

 

 

今は、テレビを消してください。 

ネットニュースなども出来るだけ見ないでください。

 

それでも本当に自分に関係する情報は、入ってくるものです。 

  

そして。その今まで情報を取っていた時間で何をするべきか。 

 

 

 

ピンチはチャンスといいます。 

 

 

 

この、コロナで休校の間に。 

 

学校の課題以上に積極的に勉強した人。 

学校の課題だけ、こなした人。 

学校の課題も、手につかなかった人。 

 

この3パターンに分かれます。 

 

 

学力と言うものは、実際に学校に普通に通っている時でさえ、差がついてしまいますよね。 

 

今はさらに、ここでちゃんとやっておくかどうかで、 

大きな差がついてしまいます。 

 

 

良い悪い、という話ではなく、 

悲しいかな、事実そうなっていきます。 

 

 

その時に、自分はどうなっていたいですか? 

 

 

もし、無気力になっている。 

沢山の事が心配で、何も手につかない。 

 

そういう方がいましたら、 

まず、テレビを。ネットニュースや報道を遮断して 

自分の心を守ってあげてください。 

 

 

 

心が落ち着きます。 

 

落ち着いて、何が必要か自分に問いかけてみてください。 

 

そして、目の前のできることを始めてください。 

自立と自律の違いとは?

自立と自律の違いは知っていますか? 

 

 

辞書的な意味で言うと、 

「自立」とは、他の援助や支配を受けず、 

自分の力で判断したり、身を立てたりすること。 

ひとり立ち 

 

「自律」とは、自分の行為を主体的に規制すること。 

外部からの支配や制御から脱して、 

自身の立てた規範に従って行動すること。 

 

となっています。
 ※出展 広辞苑より 

 

 

「自立」は、主に経済的な独り立ちや、 

一人暮らしをするときに使われます。 

 

まだ、先の話ですね。 

 

 

 

それに対して「自律」は、 

自分の立てた計画を、しっかり行うこと。 

 

 

 

 

今、家にいる時間が長いです。 

 

どうしても、 

ついダラダラした生活になってしましがちです。 

 

時間があると思って「あとから」と考えていると 

結局何もできなかったという経験は、 

今までにもあると思います。 

 

それでも、夏休みなどの長期のお休みは、 

まだ習い事や部活、友達との予定などが入るので、 

ある程度のリズムが保たれるものですが、 

今は、それもありませんよね。 

 

 

 

まさに、自らを律する必要があります。 

 

「律する」の意味は 

おきてを定める。 

また、一定の基準によって処置する 

  ※広辞苑より 

 

 

この力は、一日二日で身につくものではありません。 

 

大人になったから自動的に身につく、 

という力でもありません。 

 

 

今、ずっと家にいて、 

何時に起きる。学校に行くという決まりごとが全くありません。 

 

だからこそ、一定の基準を自分で決めて、 

それを守っていく力が、いつも以上に必要です。 

 

 

 

簡単にいってしまえば、規則正しい生活をする。 

やらなきゃいけないことをやる!という事になるのですが、 

 

ここで、自らを律することができる。と自覚ができたら。 

この先、きっと大きな自信となります! 

 

目標達成の笑顔❢

分散通塾を行っていました、ペガサス札幌栄町教室ですが、

下記期間お休みとなります。

4月25日(土)~5月6日(水)

 

世界中がコロナの恐怖に包まれている中、

フッと、こころなごむ笑顔見つけました❢

合格

今年の受験で感動をくれたペガサス卒業生の数人です!

せっかく高校生になったのに、休校ですが、

これからどんな自分になっていきたいか!?

ゆっくり、じっくり考えながら、新生活の土台をつくりましょう!!

合格

今までも、そしてこれからも、

ペガサスで学び、頑張った皆さんは、

勉強はもちろんのこと、

人間的にも、ひとまわりもふたまわりも成長してること、

強く感じています☆彡

 

 

 

アフターコロナ、どうなっていますか?

四葉のクローバーを持つ手

札幌市内の小中学校が、また休校になりましたね。 

 

そして政府の非常事態宣言も、全国に拡大されました。

 

 

 

 

 

不便なこと、出来ない事が多いと思うかもしれません。 

 

家の中にずっといるストレスも大きいかもしれません。 

 

いつまでこれが続くか、心配かもしれません。

 

四葉のクローバーを持つ手

 

 

日本では。例えば事故にあって、

今後一生、車イス生活になる、と決まってしまった時に

「あれができない。これができない」と、

出来ない事にフォーカスする人が大多数です。 

 

ですが、これがアメリカでは。 

 

もちろん、患者さんは、なげき悲しみます。

それに対して医療関係者は、「だけど、あなたは、あれが出来る。これも出来る」と

出来ることにフォーカスして励ますそうです。 

 

この違いは、国民性なのか、歴史的な背景か何かがあるのか?

それは分かりません。 

 

ですが、その後の生活や、心の持ち方に、

大きな違いがでることは、想像できますよね? 

 

 

 

 

今は、できないことを数えていても、何も始まりません。 

 

 

 

今、あなたが出来ることは何でしょうか? 

 

コロナが終息した後に、

「時間があるうちにやっておけば良かった!」と

考えてしましそうなことは何ですか? 

 

 

 

この期間にも、確実に時間は流れています。 

 

 

そして…本来、この期間に学校で習っていた部分は、 

自分で手を動かして、いつも以上に頭を使い、 

覚えていく、出来るようになっていく必要があります。 

 

 

 

一回教科書を読んで終わり、 

一回、問題を解いたからできるようになる、 

という訳ではない事は、 

普段からよく分かっていると思います。 

 

そんな簡単に、覚えられる訳ないですよね! 

 

 

 

そして。 

逆に考えると、これは実は大きなチャンスでもあります。 

 

今、この期間にどのように過ごすかは、本当に人それぞれです。 

何となくダラダラと過ごしてしまう人もいるでしょう。 

 

 

ダラダラ過ごす人がいる一方、 

この期間に、危機感をもって、

いつも以上に勉強に励んだとしたら… 

 

 

 

その差は、どれくらい大きいものになるでしょうか? 

 

 

 

学校が始まったあと。 

テストがあった時。 

今やっている事を土台に、次の知識が積み重なる教科。 

 

 

 

あなたは、どうなっていたいですか? 

 

新学期がはじまりましたが…

札幌の小中学校では、新学期が予定通り始まってから1週目でした。 

久しぶりの学校はいかがでしたか? 

 

ですが、また休校の検討が始まっていますね。 

 

日本全国の状況、世界的な状況。札幌でもまた患者数が増えていること… 

 

 

政治関係者も、学校関係者も、ベストではなくとも何が最善か考えに考えている事と思います。 

 

 

新しい学年になり、学年によってはクラス替えがあり… 

 

本来は、前向きに明るくなる時期ですが、今は、不安もあり、必要以上の情報に疲れることや、落ち着いて集中することが難しいかもしれません。 

 

 

 

 

ですが、数年後 

「ここはコロナがあったせいで勉強していません」では通じません。

厳しいようですが、今、自分がやらなければならないことに、しっかり取り組んでください。 

 

 

 

ペガサス栄町教室では、分散通塾を行っております。 

換気や除菌も適切に行っております。

そして何より、不安がある情報が多くて処理しきれない状態では、注意力が散漫になってしまいますが、こちらでは、図書館のように静かで集中できる環境が整っています。

ペガサス栄町教室に来て、落ち着いて勉強しましょう。

場所の力を借りる

図書館で勉強している人や、 
 
カフェで勉強をしている大学生を見たことはありますか? 
 
 
今は、図書館自体が休館していたり、そもそも外出を自粛している人も多いと思いますが、通常の時の話です。
 
 
この人たちは、なぜ、そういう場所で勉強をするのでしょうか? 自宅と、例えば図書館だと、何が違うと思いますか?

 

 

 

それは「集中」です。
そもそも、自宅でも「勉強しよう」と取り組むけど、
時間が経つと集中力が切れたり、
人に話しかけられたり、
マンガや趣味のものが近くにあったり、
ちょっと疲れたら横になれてしまうベッドがあったり…
勉強から、気をそらしてしまうものや、
誘惑がとても多いのです。
それに対して、例えば図書館だと…
まず、周囲の人も本を読んでいたりなど、静かな空間である。
自宅と違って、手近に気をそらすものがない。
人目があるので、ダラダラ出来ない雰囲気がある。
こういう事で、集中しやすいのです。
つまり、勉強するという目的以外の事ができない状態や場所に、自分を置くことによって 集中することができるのです。
場所の力を借りるのです。
ペガサス栄町教室は、図書館のように静かで集中できる空間です。
ここで集中して取り組むことによって、
しっかりとした学力が身についてきます。
集中して取り組む、ということの気持ちよさ、
集中したあとの清々しさを体験したことはありますか?
この集中するというのは、とてもパワーがあります。
この体験を繰り返してきたペガサス生が、
今回の、当日勝負の受験で軒並み合格という、
奇跡ともいえるような、
すごい結果につながったのかもしれません。
今、ペガサス栄町教室では、 分散通塾をしております。
換気や除菌も、しっかり行っています。
なので、不安になることなく、
この図書館のように静かなペガサス栄町教室、
という場所の力を借りて、
集中するというパワーを感じてみてください。

ペガサスパワー、ペガサス生の底力すごいですね❢❢

皆さん、あらためて、

卒業、合格おめでとうございます🌸

 

毎年、毎年、皆さんから、

様々な合格にまつわる感動をいただくのですが、

今年の感動は、これまでの1,2を争うものでした(^◇^)

 

今年の受験生は、

自分よりひとつ上のランクの高校を受験する、いわゆる、

当日点勝負生徒さんが多く、

しかも、

受験校の倍率が、1.6倍、1.4倍………(・。・;

 

そんな中、合格❢ 合格❢ 合格❢

 

感動しました☆彡

 

ペガサスパワー、ペガサス生の底力すごいですね❢❢

 

ペガサスは、

これからの皆さんの成長、いつまでも応援し続けます☆彡

将来|成長

寒かったり暖かかったり、もうすぐ春ですね!

雪もだいぶ溶けてきましたね。 

日陰は、まだまだ雪が残っているので油断はできませんが、 

靴は、冬靴ですか?夏靴ですか? 

 

気温が高くなってきて。 

ちょっと薄着にしてみたら意外と寒かった! 

春の嵐で、冬に逆戻りしたみたいだった! 

 

そんな風に、冬と春が混在している時期ですね。 

 

 

 

「三寒四温(さんかんしおん)」という四字熟語はご存じですか? 

 

本来は、中国北東部で、冬にシベリア寒気団が入ることによって、 

3日寒い日が続き、4日暖かい日が続くという気象状況を表すことばです。 

 

なので、冬の季語になります。 

 

ですが日本では、分かりやすくこのような気象状況になるのは 

2月頃なので、その頃に全国版の天気予報などで使われています。 

 

北海道は、2月はまだまだ真冬なので3月くらいがしっくりきますが… 

ですが、季語としては冬! 

 

どの季節に使うかは、微妙な言葉なのですが、 

その意味するところは同じです。 

 

少しずつ、段々暖かくなってくる。 

春が近づいてくる。 

 

今、ちょうど、そういう時期です。 

 

 

折しも、北海道の緊急事態宣言が終わり、 

閉塞感から解放されたと感じている人もいるのではないでしょうか? 

 

まだ寒い時期もある。 

ですが、次の季節は確実に近づいています。 

 

 

春に向けて。 

今すぐ、完璧に春ではないかもしれない、まだ寒い日もあるかもしれない。 

 

それでも前を向いて、その春を謳歌するための準備を、 

実質的な準備も、心の準備も、少しずつ始めてみてください! 

 

きっと、楽しいことがいっぱいあります! 

知恵を出す。発想力を身につける

現在、ペガサス栄町教室でも、北海道の緊急事態宣言を受け、 

また生徒・保護者皆様のことも併せて検討し、分散通塾を行っています。 

 

ご不便をお掛けしておりますが、 

ご理解・ご協力いただきましてありがとうございます。 

 

 

学校でも、お役所でも、沢山のお店や企業でも、 

この状況の中、それぞれの対応をしています。 

 

 

コロナウイルスのことだけでなく、 

日々、思いもしなかったこと、意外なこと、想定外の事が起こります。 

学校や組織だけでなく、個人的な問題も起こります。 

 

そのような時にどうするか? 

 

どのように対策し、工夫し、アイディアを出し、どんな風に乗り越えるか? 

会議やミーティングなどで皆で考え、頭をひねって、どうしようか考える。 

何がベストな方法なのか模索し、最善の策、次善の策を練る。 

 

 

その知恵を出すために必要な、発想力。 

 

その発想力はどこから生まれるのでしょうか? 

 

 

 

よく「ひらめく」という表現をすることもありますが、 

「ひらめき」というのは、脳内に別々に保存されていたものが 

つながって起こる現象です。 

 

 

その「ひらめき」の元となるのは知識です。 

 

そもそも、保存していないと、つながりようがないのです。 

 

 

 

もしかしたら皆さんは、 

「こんな事を学んでも、大人になってから使わない」 

「生きていく上で、知らなくてもいい」 

と思ったり、そういう意見を聞いたりしたこともあるかもしれません。 

 

ですが、そんなことはありません。 

 

 

 

その知識が、将来どこかで活きるかもしれません。 

全く関係ないと思っていることが気付かないうちに、皆さんの発想力の下地となります。 

 

 

そして、それに加えて大事なのは、その知識を得るために皆さんが努力した過程で培われるもの。 

 

答えを導き出すために、いつの間にか訓練されている、脳内の情報をつなげ、導き出す発想力も鍛えているのです。 

 

 

 

 

ペガサス栄町教室では、将来社会の中で、自分自身で物事を考え、決断し、行動できる人になるための自学自習、 

そして、精一杯考えて答えを導き出す実践を繰り返し、本物の理解力、大人になってから本当に使える力をつけることができます。 

卒業おめでとう🌸

いよいよ明日が卒業式!

皆さん、ご卒業おめでとうございます🌸

心から、祝福致します!!

卒業|春

コロナウィルスで大変な世の中になっていますが、

こんな時だからこそ、

今、自分がするべきこと、そして、

これから、自分がするべきこと、

を、チョット立ち止まって考えてみてください!

明るい未来が見えてくるはず!!

 

4月から新生活スタートです☆

ペガサスは、いつまでも皆さんを応援し続けます!!