ステップワールド英語スクール札幌栄町教室

昔、成功すると言えば、いい高校からいい大学へ行って、大きな企業に就職することでした。
ところが今は、いろいろな成功者が出てくるようになりました。音楽やアートやスポーツは当たり前。今は料理人やカメラマン、ファッション関係やエンジニアまで、成功できるフィールドを挙げたらキリがない。
子どもには本人がやりたいことをやらせたい。これは親として本当の気持ちです。
でも、やりたいことが人生の成功になるのだろうか?ここに不安がひそんでいます。

どんなジャンルを生きるにしても、英語ができれば間違いなく広いフィールドで戦えます。

日本でお寿司屋さんをやるか、ニューヨークで同じお寿司屋さんをやるか目をつぶって想像してみてください。
「英語が話せる」と「英語が通じる」はまったく違います。
ステップワールドが目指すのは、議論ができる英語です。
ステップワールドの英語で、子どもたちに世界の扉を開く背中をドンと押したいのです。


英語辞書や受験参考書等の出版で知られる「旺文社」の創業者・故赤尾好夫は、「赤尾の豆単」の愛称で永年親しまれてきた英語の単語集を編さんするほどですから、当然かなりの英語力を持っていました。しかし、ある海外出張先で、「あなたはこれだけ難しい英文が理解でき、洗練された文章も書けるのに、どうしてこんな簡単なことが話せないのですか?」と指摘されてショックを受け、それまでの英語教育に根本的に欠如しているものを痛感しました。その後、熱心に研究開発を進めて「音声重視および早期の英語教育が有用」との結論に至り、教材開発やシステムなどの実験を重ねて1973年に生まれたのが、「ステップワールド英語スクール」(旧称「旺文社LL教室」)なのです。当時としては大変先駆的な教育方針でしたが、このコンセプトは社会の潮流がようやく追いつきつつある現在まで脈々と受け継がれ、さらに発展し続けています。

150105_eigo_jiten

1346910_20150514113144

お知らせ

外国人講師による指導

当教室では月に1度、 毎週の日本人講師による英会話授業の他に 外国人講師による特別授業があります 詳しくはお問い合わせください

ブログ

自身って・・・

私の友人が ミスタイプしたでしょ~と 違いますよ ただ 言葉足らずでした ”自分”自身をもって でした 人それぞれ なので 人の目を気にせず 自分で 自分自身を信じて 自分自身を大切に 自分自身を守ってあげて 春よ来い …

試験の季節

英検の結果がでました 悲喜こもごも 「次は一緒に受けようかしら」と 嬉しいことをおっしゃってくださる 保護者さんも お待ちしております 当スクールは準会場です あとは 高校入試です 私自身 結果、高校生になれましたが 思 …

2020 英語の旅

雪が降り積もって 外に出るのがおっくうです テレビばかり見ていて 生徒のお手本とはほど遠い そんな時コマーシャルで 小さい子が「どうして〇〇は△△なの?」 「ボクは◇◇だと思うんだ」 と 親と話しているシーンが ん?似た …

あれから半年・・・

早いもので秋が急ぎ足でさっていきますね そして あれから半年ですね 直後は何も出来ず ただ床にペタンと座っていました 日が昇り、 ことの重大さに気付き それでも呆然としていました 充電が出来てから 連絡を取り合いました …

親心 おやごころ

いつもニコニコ小学生クラス 夏休みが終わり 元気な顔をみせてくれました 生徒には 宿題をたくさん出しました 単語覚えましょ! 英検模擬問題しましょ! そういう私は・・・ ここでは ”いつも勉強しています” としておきます …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.