時間をつくるには

時間管理。

という言葉を聞いたことがありますか?

 

こういう言葉があるということは、

沢山の人が。

もちろん大人になっても

 

今よりももっと、

効率の良い時間の使い方はないか?

 

時間があれば、もっとできるのに!

 

などと考えて模索しているからですね。

 

 

 

時間管理も、何のために時間管理をしたいのか、

という目的によって、

どんな時間管理がいいか、は

それぞれ変わってくるのですが。

 

例えは、よく言われるのが、

 

 

早朝に起きて、その分を有益な活動にあてる。

(勉強や仕事など)

 

ついつい時間を取られてしまう通信(スマホなど)を

連絡がきたその都度するのではなく、

ある一定の時間を決めて、その時間しかしない。

 

相手に左右されるような事、

人と会う約束などや話し合いは

終わりの時間を決めて全員で共有する。

 

などがあります。

 

 

 

 

そして。

あまり語られないかもしれませんが、

かなり有効なもう一つの手段があります。

 

それは、

「やめる」ことです。

 

 

何かをやらなきゃいけない、

時間がないと感じているなら、

思い切って、時間が取られている何かを

やめてしまう。

 

もちろん、大事なことは残しておかなきゃいけませんが。

 

 

本当は、嫌だなと思いつつ

何となく続けていること。

 

付き合いで何となく断りづらいこと。

 

後回しにしても問題ないこと。

 

 

考えてみてください。

そして、少しずつでも

そういうのを止める習慣がついてくると

本当に有益な事や、

自分の楽しい事だけになっていきます。

 

 

 

 


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス