準備運動の前に、その場所

まず、勉強をしようと思ったときに

机の上を片づける事から始める。

 

そういう事、ありませんか?

 

とりあえず、ざっくり机の上の物をまとめてよける。

 

そういう人も多いかもしれません。

 

そうこうしているうちに

勉強する気がそがれる…。

 

 

 

勉強をする気がなくても、

とりあえず5分と決めて簡単な問題を解き始める。

音読だけしちゃう。

 

それだけでも効果的で、

勉強をするエンジンがかかります。

 

勉強の準備運動のようなものです。

 

これは脳のしくみを利用した

とても効果的な方法です。

 

 

 

ですが、その準備運動の前に

普段から、勉強をする環境を整える事も

考えてみてください。

 

いざ勉強しようと考えた時に

やる気をそがれないように、

 

机の上に物を放置しておかない。

 

見える場所にマンガなど、

ついつい手を伸ばしてしまうものを配置しない。

 

趣味の物は、

ちょっと取り出すのが面倒な場所にしまっておく。

 

ちょうど夏休みなので、

部屋の片づけをするのにも、

家具の配置を変えるのも

いいタイミングかもしれません。

 

 

大人でも、

資格所得のために勉強をしたり、

帰宅してから仕事の続きをすることもあります。

 

その際も

家に帰って、ほっと一息をつく前に、

資料をバッグから取り出して広げておく

パソコンの電源を入れておく

そして、すぐに取り掛かれる体制を整えておくと

いいと言われています。

 

同じように、

後から勉強しよう、と考えていても

問題集を広げておく、

それだけでも違うかもしれませんね。

 

思い当たることがあったら、

出来そうなことがあれば、

ちょっと、取り入れてみてください。


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス