集中力を高める食べ物

テスト目白押しの2学期です。

 

ペガサス栄町教室の生徒さんみんな、日々、テスト勉強に宿題に、しっかりと取り組んでいます。

 

少しでも点数を伸ばすために

間違えたところの解きなおし。

苦手の克服。

一つ上への挑戦を繰り返しています。

 


勉強の合間、ちょっと休憩したいなと思った時に、集中力を高める食べ物があるのを知っていますか?

 

脳のエネルギー源に欠かせないのはブドウ糖です。

このブドウ糖を摂取することで脳の働きを活性化させることができ、集中力を高める手助けをします。

 

疲れたときに甘い物が食べたくなったことがある人もいるのではないでしょうか?

それは体内のブドウ糖が減少していて、脳が「疲れたよ~!エネルギー不足だよ~!」となっている状態です。

 

このブドウ糖は、白米、バナナ、パン、はちみつなどに多く含まれています。

脳は寝ている間でも働いているので、朝にはすっかりブドウ糖を消費している状態になります。

 

朝ごはんに白米やパン、バナナを食べて体内にブドウ糖を補充してあげることで、一日、脳も身体も元気に活動することができます。

朝ごはんが大切!と言われるのがわかりますね。

 

 

そして身近なお菓子でもある「ラムネ」。

実はラムネはブドウ糖がとても多く含まれているお菓子ですので、脳のエネルギー補給にはもってこいのお菓子です。

 

お店でよく見かける森永ラムネは、ブドウ糖が90%も配合されているそうです。

 

受験生を応援するお菓子としても有名なラムネなので、その効果はとても高いことが予想されますね。

 

ちょっと集中力が途切れたな、疲れたな、と感じる時は休憩の合間にポンっとお口に入れてみてはいかがでしょうか。

 

ブドウ糖が含まれている食べ物を美味しく食べて、さらに勉強のサポートにもなるのならば一石二鳥ですね。

 

 

特に、受験を控えているみなさんは、脳のエネルギーを猛スピードで消費している時期です。

体調管理のためにもご飯をしっかり食べ、おやつも少し気にしてみてください。


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス