知恵を出す。発想力を身につける

現在、ペガサス栄町教室でも、北海道の緊急事態宣言を受け、 

また生徒・保護者皆様のことも併せて検討し、分散通塾を行っています。 

 

ご不便をお掛けしておりますが、 

ご理解・ご協力いただきましてありがとうございます。 

 

 

学校でも、お役所でも、沢山のお店や企業でも、 

この状況の中、それぞれの対応をしています。 

 

 

コロナウイルスのことだけでなく、 

日々、思いもしなかったこと、意外なこと、想定外の事が起こります。 

学校や組織だけでなく、個人的な問題も起こります。 

 

そのような時にどうするか? 

 

どのように対策し、工夫し、アイディアを出し、どんな風に乗り越えるか? 

会議やミーティングなどで皆で考え、頭をひねって、どうしようか考える。 

何がベストな方法なのか模索し、最善の策、次善の策を練る。 

 

 

その知恵を出すために必要な、発想力。 

 

その発想力はどこから生まれるのでしょうか? 

 

 

 

よく「ひらめく」という表現をすることもありますが、 

「ひらめき」というのは、脳内に別々に保存されていたものが 

つながって起こる現象です。 

 

 

その「ひらめき」の元となるのは知識です。 

 

そもそも、保存していないと、つながりようがないのです。 

 

 

 

もしかしたら皆さんは、 

「こんな事を学んでも、大人になってから使わない」 

「生きていく上で、知らなくてもいい」 

と思ったり、そういう意見を聞いたりしたこともあるかもしれません。 

 

ですが、そんなことはありません。 

 

 

 

その知識が、将来どこかで活きるかもしれません。 

全く関係ないと思っていることが気付かないうちに、皆さんの発想力の下地となります。 

 

 

そして、それに加えて大事なのは、その知識を得るために皆さんが努力した過程で培われるもの。 

 

答えを導き出すために、いつの間にか訓練されている、脳内の情報をつなげ、導き出す発想力も鍛えているのです。 

 

 

 

 

ペガサス栄町教室では、将来社会の中で、自分自身で物事を考え、決断し、行動できる人になるための自学自習、 

そして、精一杯考えて答えを導き出す実践を繰り返し、本物の理解力、大人になってから本当に使える力をつけることができます。 


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス