潜在意識を『できる!』でいっぱいにする

潜在意識って聞いたことはありますか?

人間の脳は、その100%を使っている訳ではありません。
 

自分で意識している部分は10%以下。顕在意識と言います。

そのほかの自分では意識もできず、 

コントロールもきかない90%以上は、潜在意識です。
 

 

顕在意識は、氷山の一角とも表現されます。 

氷山は、海面に見えている部分はほんの少し。 

 

その他の大部分が海の中にあって見えないので、 

見えている部分を顕在意識、 

見えない、ほとんどの部分が潜在意識と表現されます。

 

この、自分では意識できない90%の部分で何を考えているかが 

習慣を形づくったり、考え方のクセや、行動を左右したりします。

 

記憶の貯蔵庫でもあり、自分ではもう思い出せないような昔の事でも潜在意識に刻みこまれていると言われています。
 

この潜在意識の力、脳の使われていない90%以上の力を使うことが出来ればと考える人も多く、昔から研究されています。

この潜在意識には、生まれてきてからの全ての出来事や情報がたまっていくため、良い情報が多ければそれが当たり前で、それが前提となる行動を無意識に取ることができます。

 

大人になる前の今の時期に
 

「やればできるんだ」 

「やったら分かるようになった」 

物事を成し遂げた達成感 

集中することにより得られる結果 

トライ&エラーを繰り返しつつも答えを見つける方法

そういう経験を積めば積むほど、 

脳の中で、あなたが意識できない潜在意識の中で、 

それが「当たり前」「前提条件」となります。

 

これが前提条件になると、 

大人になって、勉強でも、それ以外でも、 

何らかの複雑な問題にぶつかった時に 

やればできる。達成できる。答えを見つけられる。 

という思考回路が働きます。

 

今のうちに、できた!という経験を沢山しておいてください。


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス