札幌の人の夏至の実感

今年の夏至は、6月21日(日)です。 

 

夏至は、一年の中で太陽が出ている時間が一番長い日。 

 

夏は日が長くて、冬は短い。 

この時期は、夕方いつまでも明るいけど、冬はすぐに暗くなる。 

夏は朝3時過ぎには明るくなるけど、冬は朝電気をつけなきゃいけないくらい暗い。 

 

こんな実感を持っている人は多いと思いますが、この夏と冬の差を一番感じるのは、日本では北海道が一番だと知っていますか?
 

 

 

札幌では夏至の日は、日の出が朝3時55分で、日が沈むのが19時18分 

日が一番短い冬至は、日の出が7時3分。日が沈むのが16時3分 

 

日中が15時間20分あるのに、冬は9時間しかない。
特に夕方は、夏は20時前まで明るいのに、冬は17時には真っ暗! 

これは差が激しいはずですよね。 

 

 

 

ちなみに沖縄・那覇では、 

夏至の日は、日の出が5時37分で、日が沈むのが19時25分 

冬至の日は、日の出が7時12分。日が沈むのが17時42分 

夏の日中が13時間50分で、冬は10時間です。 

もちろん差がありますが、札幌ほどではない。 

 

 

北海道の人が冬に言う「日が短くなって~」という言葉は、沖縄の人に比べると実感のこもった嘆きになっているかもしれません。 

 

学校で習う、地軸や緯度の話が、リアルな感覚でとらえられる一例ですね。 

 

 

知っていることが増えると、 

物事の見え方が変わってきます。 

世界のとらえかたが変わります。 

 

それがひいては、判断力や決断力、生きる力の源になってくるのです。 


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス