数字からみる夏

本州の毎日35度越え、

という猛暑ではありませんが、

札幌もまだまだ暑いですね。

 

マスクをしているから、

余計に大変という話も聞かれます。

 

次の数字はなんだと思いますか?

 

全国平均 86.4%

北海道  25.7%

 

全国的に多いのに、北海道は極端に少ない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこれ、エアコンの普及率です。

一般家庭における、

耐久消費財としてのエアコンの普及率。

 

総務省統計局で調べた、平成26年の普及率です。

 

 

猛暑にはならないけど、暑いものは暑い。

 

暑いから、今年こそはエアコンを買おうかと思ったけど、 お店に行ったら、 取り付けまでに時間がかかると言われてしまった。

 

そうこうしているうちに涼しくなってしまうから買うのを止めた。

 

冬の暖房はエアコンに頼らずとも、 他の暖房器具があるから問題ない…

 

色々な背景が考えられますが、 とにかく、北海道のエアコンの普及率は低い!

 

「少ない」という事実は知っていても

どれくらい少ないのか 数字で見ると明らかですね。

 

 

実際、35度を越える猛暑日は、北海道は年に0.1日だそうです。

 

8月16日、アメリカ、カリフォルニア州のデスバレーで、気温54.4度を記録したそうです。

公式記録として認められたら、1931年以来の記録的な暑さとなるそうです。

ただ「暑い」と表現する以上のものが伝わりますね。

 

数字や表を見ると、

「多い」

「テレビで報道されている」

「なんか大変そう」

というイメージのものが、

ハッキリと伝わる事があります。

 

表やパーセント、数字の世界を

算数・数学の教科書の中だけのものではなく

日常でも意識してみてください。

 

数字を読むことによって、

間違いなく伝わる、

正確なところが分かるなど、

メリットがいっぱいです。

 

朝晩は涼しくなるといっても、

まだまだ暑い札幌。

 

北海道の熱中症の救急搬送の人数も増えています。

 

ペガサス生の皆さんも、水分をしっかりとって 熱中症に気を付けてください!


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス