形容詞だけで会話していませんか?

形容詞とは?
 

国語の問題になってしまいますが。 

最後が「~い」で終わる言葉のことですね。 

 

詳しく説明する、名詞や動詞を修飾する言葉。 

きれい、痛い、大きい、長い、新しい、明るい… 

 

 

そして形容詞単体でも使える便利な言葉です。 

 

便利は便利なのですが、親しい人と話をするときに、 

形容詞だけの会話になっていませんか? 

 

 

「見てこれ。カワイイ~!」 

「本当だ。カワイイ~」 

「ね~カワイイよね~」 

 

 

 

「あれ、ヤバくない?」 

「あれヤバいよ」 

「やっぱ、ヤバイよな~」 

 

 

楽しい会話です。 

親しい間柄で、かしこまって話をする必要はありません。 

ですが。 

本当にその話、相手と意思疎通ができていますか? 

 

 

ぬいぐるみ うさぎ ピンク

 

 

カワイイと思うポイントはどこなのか? 

 

雑貨屋さんに置いてあるぬいぐるみが「カワイイ」の対象なのだとしたら、 

カワイイと思うポイントは、モフモフの質感なのか、ぬいぐるみの表情なのか? 

 

なぜそれをカワイイと思ったのか? 

今までに見たことのない素材で作られているから。

他のぬいぐるみと違う、とぼけた表情をしているから。

など、何かしらの理由があり、

それは他の人と違うかもしれません。 

 

会話の中で、そんなに突き詰めて話し合う必要はないのですが、

頭の中では、形容詞以外の部分で気持ちや物事を

説明できるようにしておく必要があります。 

 

 

 

感じている事、思っていることはあるけど、説明できない。 

 

誰しも多かれ少なかれ、

そんな風に、もどかしい思いをしています。 

 

 

 

これは、その状態を説明する言葉を知らないという、

ただそれだけの事である可能性が高いです。 

 

今は、言葉の数をどんどん増やせる時期です。 

 

 

 

教科書やマンガに出てくる知らない言葉や言い回し。 

 

文章の読み取り、という勉強に直結する部分でも大切ですが、 

大人になるにつれ、形容詞だけの会話だけではなく、

人と意思の疎通をしなければならないとき、

物事を説明しなければならない機会が増えてきます。 

 

その時に、言葉の豊富さはとても重要です。 

 

 

 

 

本を読んだ時に、面白い表現を覚えておく。 

 

「この人の話は分かりやすいな」と思った時に、

どのような言葉を使っているか気を付けてみる。 

 

そんなことをしながら、言葉のストックを自分の中に増やしてみてください。 


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス