寒かったり暖かかったり、もうすぐ春ですね!

雪もだいぶ溶けてきましたね。 

日陰は、まだまだ雪が残っているので油断はできませんが、 

靴は、冬靴ですか?夏靴ですか? 

 

気温が高くなってきて。 

ちょっと薄着にしてみたら意外と寒かった! 

春の嵐で、冬に逆戻りしたみたいだった! 

 

そんな風に、冬と春が混在している時期ですね。 

 

 

 

「三寒四温(さんかんしおん)」という四字熟語はご存じですか? 

 

本来は、中国北東部で、冬にシベリア寒気団が入ることによって、 

3日寒い日が続き、4日暖かい日が続くという気象状況を表すことばです。 

 

なので、冬の季語になります。 

 

ですが日本では、分かりやすくこのような気象状況になるのは 

2月頃なので、その頃に全国版の天気予報などで使われています。 

 

北海道は、2月はまだまだ真冬なので3月くらいがしっくりきますが… 

ですが、季語としては冬! 

 

どの季節に使うかは、微妙な言葉なのですが、 

その意味するところは同じです。 

 

少しずつ、段々暖かくなってくる。 

春が近づいてくる。 

 

今、ちょうど、そういう時期です。 

 

 

折しも、北海道の緊急事態宣言が終わり、 

閉塞感から解放されたと感じている人もいるのではないでしょうか? 

 

まだ寒い時期もある。 

ですが、次の季節は確実に近づいています。 

 

 

春に向けて。 

今すぐ、完璧に春ではないかもしれない、まだ寒い日もあるかもしれない。 

 

それでも前を向いて、その春を謳歌するための準備を、 

実質的な準備も、心の準備も、少しずつ始めてみてください! 

 

きっと、楽しいことがいっぱいあります! 


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス