夢はありますか?

「将来の夢はなんですか?」と聞かれる機会はありますか? 

学校で。親から。親戚のおじさん、おばさんから。 

または、全く知らない人から。 

社交辞令のように聞く人もいるし、 

何かアドバイスができるかもと考えて聞く人もいます。 

 

 

 

お医者さんになりたい。 

学校の先生になりたい。 

パイロットになりたい。 

 

職業ではなく漠然と、こういう感じの大人になりたい、というイメージ。

あるいは全く想像できないという人。 

 

色々いると思います。

もしあなたが、何かなりたいもの、やりたいことがあるなら、 

その夢をぜひ叶えて欲しいです。 

 

 

夢を叶える手段は色々ありますが 

一つお勧めしたいことは、 

 

その夢を「夢」と言わず「目的」と言い換えてみてください。 

「夢」と「目的」 

 

「夢は、お医者さんになることです」 

「目的は、お医者さんになることです」 

 

この違い、分かるでしょうか?

夢は、漠然と、こうなったらいいな、こうなりたいなと思っている状態。
 

ですが目的となると、そうなるためにはどうすれば良いか、具体的な行動をする事柄になってきます。
 

その目的のために、何をしなければならないか?
調べたり、人に聞いたり。そして、さらに一つ一つの目標に落とし込んでいきます。
 

 

野球 選手 走る 子供

 

 

プロ野球選手になるなら、どうすればいいか?
 

一つの手段として、甲子園出場の可能性がある高校に行く。 

そこに行くためにはどうすればいいか? 推薦か受験か?
 

そのためには、何をすればいいか?
今の強さや練習量はこれでいいのか? 

など具体的で、さらに、今すぐやらなければならない事が見えてきます。

 

もちろん、夢を持ち、それを考えたり、人に話すことによって、無意識のうちに、方向性としてそちら側に向かうという事はありますが、スピードや力強さはありません。 

 

 

せっかくある、その夢。ぜひとも目的にして、叶えて行ってください。


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス