区切りをつけるということ

お正月は、どのように過ごしましたか? 

 

いつもは、お祖父ちゃんお祖母ちゃんの家に行くけど、今年は行かなかった。
初詣に行かなかった。 

 

そんな声も聞かれそうです。 

 

ちなみに受験生は、合格祈願をしたい方も多いと思いますが、どの年でも 

「祈願はしたいけどインフルエンザ予防のために行かない」という人も多いですね。

 

新しい年、新年というのは、一年の区切りです。

区切りというのは、辞書的にその意味は、 

物事の切れ目。
会話や文章などの意味や発音の切れ目。 

です。

朝日 看板 2020 2021

物事の切れ目。 

去年と今年の切れ目。
 

 

流れで言うと、夜寝て朝起きての連続した時間の中にあるものだけど、
そこに一年という区切りをつけることによって、 

今までのこと、主に悪いものや辛い物事を終わらせる。 

心機一転。 

気持ちを切り替えて、新しく物事を始める。

そのようなタイミングにすることができます。 

 

特に新年、お正月は
自分だけではなく周囲の人もみんな一斉に区切りをつけるので、 

新しい物事に取り組みやすくなります。

 

イレギュラーなこと続きの去年は終わりました。 

大変な年を過ごしたからこそ、成長しています。
 

新しい年は、どのような年にしていきますか? 


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス