何を思い、どんな行動をしますか?

北海道の警戒レベルが3に引き上げられましたね。 

 

その後もコロナの報道も止まらず、不安な思いをしている人もいるかもしれません。 

 

 

今回は、マザーテレサの言葉をご紹介します。 

 

マザーテレサは、1910年にオスマン帝国に裕福な家の娘として生まれました。 

12歳の頃には、将来インドへ行き、修道女として働きたいと思うようになったそうです。
 

18歳には故郷を離れアイルランドで修道女会に入り、21歳でインドに赴任します。
 

スラムでホームレスの子たちを集めて無料授業をし、「死を待つ人の家」というホスピスを立ち上げ、生涯を貧しい人のために捧げた人です。 

 

その活動が世界に知られると、ノーベル平和賞をはじめ数々の賞を受賞し、亡くなった時は、葬儀をインドが国葬として行いました。 

 

そのマザーテレサの名言から一つ。

 

“思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。 

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。 

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。 

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。” 

 

深い言葉です。

ちょっと考えてみれば分かりますが、思ってもいない事って決して言葉にはならない、口から出ないんです。

そしてそれが、いつか習慣になり運命をも変えます。 

 

 

コロナ報道が多いです。
 

自分の内側にある言葉だけでなく、外から入ってきた言葉や情報も思考を大きく左右します。 

 

 

不安になることなく、落ち着いて。

今、自分に出来ることは何かを考え、振り回されることなく、目の前のことに集中していきましょう。

その行動が習慣になり、性格になり、運命を作っていきます。


札幌市東区栄町の学習塾ペガサス