お知らせ

三学期のとある問題

もう2月も三分の一が過ぎようとしています。

早いですね。

三学期。短いですよね。

 

三学期は、短いけどとても重要なところです。

 

まず、おのずと思い浮かぶ学年末テスト。

成績に対する、ここの比重はとても大きいです。

もちろん皆さんも理解していると思います。

 

それから、三学期終わりまでに

その学年のカリキュラムを全て終わらせなきゃいけません。

 

それぞれの先生の授業の進め方などありますが、

三学期は授業が急に駆け足になった、

最後まで教科書が終わらなかった、

などという話もあります。

 

そして実は、この二つが組み合わさって、

「三学期で勉強した内容は定着率が悪い」

と一般的に言われています。

 

 

 

どういう事かというと、

学年末テストは、1~2学期の内容も多く出題される。

それに加えて、三学期の授業で最後に習う所は

問題を繰り返し解く時間が

どうしても短くなるので

定着が良くない、と言われているのです。

 

学年末テスト、出題範囲が広くなって大変です。

 

ですが、次の学年に進んだ時に困らないよう、

三学期に習う内容も、しっかり定着するよう

毎日の学習を心掛けてみてください。

信じる?信じない?受験ジンクス色々

雪祭り始まりましたね。

札幌市民にとっては当たり前のイベントですが

世界的にみると、めずらしくてファンタスティックなお祭りです。

 

この雪祭り、今は効きませんが昔は

「雪祭りに行くと受験に落ちる」

というジンクスがありました。

インフルエンザ対策だったのかもしれません。

 

受験に対するジンクスは沢山あるので集めてみました。

 

「ご縁があるように五円玉を受験校の敷地内に埋めておく」

 

「前年度合格して人のお守りを貸してもらう」

 

「頭のいい人からシャー芯をもらって、それで入試問題を解く」

 

「スキー場、スケートリンクに行き、何もしないで帰ってくる

→滑らない→合格する」

 

「志望校を待ち受けにすると合格する」

 

「受験の時に桜色の文房具を使うと合格する」

 

「過去形で『合格しました。ありがとうございます』と

神様に先に感謝を伝える」

 

色々あって面白いですね。

 

 

最後に神頼みやジンクスを利用して

気持ちを「よし。大丈夫!」と

もっていくのは大事な事ですね。

 

ですが、一番大事なのは、

そこまでに行きつく勉強量です。

「自分はここまで努力したから大丈夫」

 

それほど強いものはありません。

 

 

 

とはいえ、受験も楽しくやり過ごしたいもの。

今日のおやつに

キットカット(きっと勝つと)

カツゲン(勝つ源)

はいかがですか?

英語の勉強法

講師の岩本です!

 

今回は「英語の勉強法」について紹介したいと思います。

 

今から紹介する勉強法は、受験英語向け(長文読解)の勉強法で、僕が実際に実践してきた勉強法です。

 

この勉強法で、高校時代に英語の模試成績を学年200位から10位まで上げることが出来ました。(240人中)

 

プチ自慢が終わったところで、実際どのような勉強法を実践していたか紹介していきます(笑)

 

僕が実践した勉強法はとてもシンプルで、大きく分けて二つしかありません。

 

①ひたすら単語を覚える

②毎日長文を読む

 

今回は①について説明していきます。(②は次回!)

 

正直僕は、この「単語を覚える」が一番大切かつ効果的な勉強法だと思います。

 

中学高校では、学校でひたすら文法を教えられます。

 

確かに文法は大切ですが、「英語を話す」「英語の文を読む」という観点からは、単語を覚える方が効果的です。

 

なぜなら、文法がわからなくても、単語さえ完璧に覚えていれば大体文章のニュアンスをつかむことが出来るからです。

 

僕は同じ単語帳を何周もして、単語を見た瞬間に意味が分かるくらいまで勉強しました。

 

単語を楽しく勉強する方法は、日常で聞いたことのある英語と関連付けることです。

 

例えば、alone(一人で)という単語を見た時、僕は毎年クリスマスに放送される「ホームアローン」を思い出しました。

 

あの映画は家で一人で留守番してるお話だから、ホームアローンなんだ、、!」

 

こんな風に、日常で聞いたことのある英語と関連付けると、楽しく単語を勉強できると思います。

 

英語が苦手だという人は、ぜひたくさん単語を覚えてみてください!

 

 

 

 

この春、やりたいこと。なりたい自分になるために。

毎日寒い日が続いてますね。

風邪、インフルエンザは大丈夫ですか?

 

この寒い日も2月にピークをむかえ

3月に入ると雪も溶け始めます。

 

3学期もあっという間ですしね。

 

そうなると短い春休みを越えて

すぐに新学期。春です!

 

みなさんはどんな春を迎えたいですか?

 

小さいことでいいのです。

 

何をしたいですか?

どんな自分になりたいですか?

 

雪が溶けたら。温かくなったら。新学期になったら。

 

あの靴と洋服が欲しい。

ちょっと時間ができたら友達とあそこに行きたい。

毎日をこんな風に過ごしたい。

実はあれをやってみたいんだよね…。

 

何が浮かびましたか?

一つではなくていいんです。

あれもこれもやりたい。

 

こういう自分になれたらいいよなぁ。

あの人のああいう所いいよねぇ。

自分もなれたらなぁ。

 

いかがでしょうか?

 

実は、あなたが思い描いたものは

全て叶うようになっています。

 

というのも

人は自分のなれるものしか

思い浮かばないようになっているからです。

 

あなたが今思い描いた中に

全く頭の中をよぎりもしなかったことがあると思います。

 

カーリングを習いにいきたい。

釣りを始めたい

毎日図書館にこもって何時間も本を読んでいたい。

 

 

もしかしたら、これをピンポイントで

思い描いた人もいるかもしれませんが。

本当にこういうのって人それぞれです。

 

だから、あなたが思い描いたものは

あなたに実現することができる事なのです。

 

 

 

いやいや、無理だし。

って思った人、いそうですね。

 

実はこの場合は「無理だし」が叶ってしまっています。

つまり、そうなれない。

 

無理だし、と思ってしまうと、

そこで思考がストップし、

現実の自分のちょっとした言動も

「無理」な方を無意識に選んでしまうのです。

 

無意識、恐いです。

潜在意識ともいいます。

 

そうではなく、

夢に描いたことを、

思いっきり妄想しましょう!

 

もう自然と顔がニヤニヤしちゃうくらい、

どっぷりとその世界のはまりこんで

そのウキウキ感を感じ取ってください。

 

そうすると脳が勝手に

現在の自分と違う所を微調整するようになっています。

 

それはテレビや人から言われた一言で、

「あ、こうしてみよう」とひらめくことや

自分の言動をちょっと変えることに

つながるのです。

 

新しい習い事をしたいのなら

無理だよね、と最初から思わずに

とりあえず、それについて調べてみる。

 

恋人がほしいなら、

デートシーンを想像して

それに着ていく洋服を選んでみる。

 

先々、あの学校に入りたいなら

現在地を知る事だけでも把握してみる。

 

 

今、あなたが感じている気持ちが

そのまま、未来のあなたを形作ります。

 

ぜひとも、ウキウキの妄想を

沢山してみてください。

将来|成長

集中力を上げるコツ②

講師の岩本です!

 

中三の皆さんは受験が近づいてきましたね、、!

 

今回は、以前書いた集中力を上げるコツの「第二弾」を紹介しようと思います。

 

実は、机の上に置くだけで集中力が高まるアイテムがあるんです!

 

そのアイテムとは、、、

 

 

「鏡」です。

 

 

鏡を見ることで、今の自分と理想の自分を比べて、

 

理想の自分に近づけようと思う力が生まれるんです。

 

みなさんも鏡を見ると無意識のうちに、髪を直したり、服を整えたりしますよね??

 

勉強の集中力が切れてきたときに鏡を見ると

 

「やばい!集中しないと!」

 

という風に理想の自分に近づこうとして集中できるんです。

 

置く場所は、自分の顔がちょうど見える位置にしましょう。

 

「勉強中集中できない」、「スマホをみてしまう」(ちなみにスマホは机の上に置いてあるだけで集中力が落ちるので、見えないところに置きましょう)

 

こんな悩みを持つ人は、ぜひ机の上に鏡を置いてみましょう!

 

 

 

 

 

インフルエンザ撃退法!根本的なところ!

インフルエンザ。流行ってます。

もうあちこちでインフルエンザで寝込む人続出です。

 

 

インフルエンザが流行っていてもかからない人。

予報接種をしても必ずと言っていいほどかかる人。

 

そんな人、周りにいませんか?

あなたは、どちらのタイプですか?

 

 

 

インフルエンザだけでなく

普通の風邪もひきやすい人、引きにくい人もいますよね。

その違いは何でしょうか?

 

それはもう、ただこれだけ。免疫力の差です。

 

免疫力。

普段考えたことありますか?

 

うがい手洗いをしましょう、

とは言われても

免疫力を高めましょう、

とは言わないかもしれませんね。

 

免疫力を高める方法は世の中に沢山あります。

 

食事、睡眠、運動、笑い、呼吸…

 

 

その中でも効果が高い2つを覚えておいてください。

その2つとは、

  • ①腸内環境を整えること
  • ②体温を上げること

です。

 

 

  • ①腸内環境を整える

 

腸は体の免疫の60%~70%を

つかさどっています。

 

腸にはリンパ球という免疫細胞の60%が集まっていて、

細菌やウィルスなどの病原体をブロックしてくれます。

 

腸の調子がいいと、

免疫力が上がり、

インフルエンザや風邪を予防してくれるだけでなく、

アレルギーが治ったりもします。

 

腸内環境を整えるには、

ビフィズス菌や乳酸菌(ヨーグルトやチーズ)
発酵食品(納豆・味噌・麹・キムチなど)
食物繊維(ブロッコリー・キャベツ・ごぼう・

豆類・きのこ類・海藻類・果物など)
が効果的です。

 

 

  • ②体温を上げる

「体温が1度下がると免疫力は3040%低下し、

1度上がると5~6倍になる」

と言われています。

 

では、体温を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

 

短期的には、温かいお風呂に入るなどが効果的です。

シャワーだけで済ませず

湯船にゆっくり入るといいそうです。

 

長期的にはやっぱり食べ物です。

体温を上げる食べ物は、

生姜、ニラ、ニンニク、ゴボウ、かぼちゃ、人参、塩、香辛料など。

 

逆に体温を下げる食べ物は、

トマト、スイカ、バナナ、リンゴ、アスパラ、甘いもの、コーヒーなどです。

 

夏野菜は体温を下げます。

 

 

インフルエンザ、かかりたくないですよね。

かかっちゃった人も、

体力が低下しているでしょうから、

また違う型のインフルエンザにかからないように

普段から免疫力を高めてみてください。

 

 

さて。

今日の夕食のリクエストは何にしますか?

 

納豆ご飯。キムチ鍋…

おやつにヨーグルト、チーズ、

甘いお菓子ではなく、しょっぱいもの。

 

そして、ゆっくり湯船につかる。

 

なんか、良さそうじゃありませんか?

最後まで諦めないで!

3年生のみなさん。

いよいよ近づいてきましたね。

高校入試本番まで

2カ月を切りました。

 

受験の追い込みです。

あとちょっとのこの時期。

ラストスパートです。

 

ここは本当に大切です。

 

ラストスパートは

苦しいこともあるかもしれない。

休みたくなるかもしれない。

諦めたくなるかもしれない。

 

だけど、

机に向かう集中した時間。

一問一問。

それは

必ず大きな力になります。

 

最後まで力を抜かずにいきましょう!

 

 

 

負けないで もう少し
最後まで 走り抜けて
どんなに 離れてても
心は そばにいるわ
追いかけて 遙かな夢を

負けないで ほらそこに
ゴールは近づいてる
どんなに 離れてても
心は そばにいるわ
感じてね 見つめる瞳

 

ZARD 「負けないで」

自分の頭で考える

講師の岩本です!

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

今回は、「自分の頭で考える」ことについてお話ししたいと思います。

 

周りの大人たちはよく、「勉強しなさい」、「自分の頭で考えることが大事」といいますよね。

 

僕も中高生のころは、その言葉の意味や大切さがわかっていませんでした。

 

しかし大学に入ってから、その言葉の意味が分かりました。

 

なぜ自分の頭で考え勉強することが大事なのか、その答えは

 

「大人になると、答えのない問題を解かなければいけないから」だと僕は思います。

 

今皆さんが学校で解いている問題にはすべて決まった答えがありますし、問題集には解答がついていますよね。

 

でも、大人になって働くようになると、決まった答えのない問題を解かなければいけないんです。(ex.会社の売り上げの上げ方、新商品の開発などなど)

 

答えのない問題を解くためにも、

 

今のうちに「自分の頭で考える訓練」をしておくことが大切なんです。

 

ペガサスは自立学習習慣を大切にしていて、

 

講師が1から10までを教えるのではなく、

 

1から6くらいまでを教えて、残りは生徒さんたちに自主的に考えてもらうような指導をしています。

 

ただ勉強するのではなく、「自分の頭で考える力」を鍛えるなら、ペガサスは最高の環境だとおもいます!

 

 

 

 

 

一年の初めにしてほしいこと

新しい年ですね!

 

いつものように日が沈んで

日が昇っただけなのに

 

区切りを付けると

改まった気持ちになるのは

どうしてでしょうか?

 

さて。新しい年。

みなさんに、ぜひ、

やってみてほしいことがあります。

 

それは何かというと

「目標を持つ」

ということです。

 

それも小さな目標ではなく

自分でも

「いやこれは無理だろう」

なんて思っちゃうくらい

大それた目標を掲げてください。

 

誰かに見せるための

ありきたりな目標ではなく、

本当に自分のやりたい事

心の底から、

「これが叶ったら、めっちゃ嬉しい!」

と感じることを目標にしてみてください。

 

 

目標を具体的に思い描くだけで

それは、何となく心の中にある

ふんわりした「夢」ではなく

実現可能なものに変換されるのです。

 

目標を設定すると

目に見えない力が動き出します。

 

エネルギーがわいてきて

集中力高まります。

 

 

「一回きりの人生だ。

成功するか成り行きに任せるか、

あなたはどちらでも選ぶことができる。

決め手となるのは

目標を設定するかどうかだ」

 アレック・マッケンジー

(時間管理のエキスバート)

 

「人間にとって最大の危険は

高い目標を設定して

達成できないことではなく、

低い目標を設定してそれを達成し、

満足してしまうことである。」

ミケランジェロ

(イタリアの芸術家)

Happy New Year!

新年、明けましておめでとうございます!!

新年|未来

2019年、皆さんはどのような幕開けを迎えましたか!?

明るく、エネルギッシュで、笑顔一杯の、

そして、

平和で、明るい年にしたいですね☆彡

 

学習塾ペガサス 札幌栄町教室、

今年もよろしくお願い致します☆彡